一生に一度の結婚式を超盛り上げる!イマドキ人気の素敵な演出5選

5,914 views

結婚式と言えば、みなさん何を真っ先に思い浮かべますか?
大きなウエディングケーキ、ステンドグラスの輝く神聖なチャペル、涙なくしては見れない花嫁の手紙・・・
などなど、思い浮かべる光景は人それぞれだと思います。
今日は、人生の一大イベントである結婚式をさらに盛り上げる、最近人気の演出をご紹介したいと思います!


定番!フラワーシャワー

フラワーシャワーとは、挙式の終了後、教会の外に出てくる新郎新婦に向けて、列席者が花びらを蒔いて祝福するセレモニーのことです。テレビドラマや映画などの結婚式のシーンでもお馴染みですよね。
フラワーシャワーには、「花の香りによって辺りを清め、悪いことから二人を守り、これからの幸せを祈る」という意味があります。フラワーシャワーに使う花は決まっていないので、新郎新婦の好きな花材を選んでOKです!
大好きなお花の香りと列席者の方々の笑顔に包まれ、幸せ気分がますます膨らむこと間違いなしですね!!

ロマンチック!ブーケ・ブートニア

皆さんご存知のように、ブーケというのは、新婦が持つ花束のこと。では、ブートニアとは何でしょう?ブートニアというのは、新郎の胸に飾られた一輪の花のことです。
ブーケ・ブートニアは、ブーケセレモニーとも呼ばれ、新郎が列席者から花を集めブーケにし、新婦にプロポーズと一緒に手渡します。新婦がOKならその花束の中から一輪の花を抜き、ブートニアとして新郎のポケットにさすという儀式の事です。とってもロマンチックですよね。
みんなの前でのプロポーズは少し恥ずかしいような気もしますが、きちんとプロポーズが出来なかった、してもらえなかった、という新郎新婦にはぜひおすすめします!

おのろけ全開!ファーストバイト

ファーストバイトとは、ウエディングケーキのケーキ入刀後、新郎新婦がケーキをお互いに食べさせあう演出です。
新郎から新婦への一口は、「これから一生食べ物に困らせないよ!」という意味、新婦から新郎への一口は、「これから一生美味しい食べ物を作ってあげるよ!」という意味が込められています。
単純にフォークやスプーンで食べさせあう演出の他に、新郎に食べさせるスプーンをビッグスプーンに変え、新郎の顔がクリームまみれになる、なんていう微笑ましい演出も定番です!
また、新郎新婦のお互いの母親から子どもに最後に食べさせるラストバイトという演出も最近多く見られるようですよ!

青空に色とりどりの風船がかわいい!バルーンリリース

ガーデンウエディングで大人気なのが、バルーンリリース。
バルーンリリースとは、「挙式で永遠の愛を誓った2人の幸せが天まで届くように」と、気持ちを込めて新郎新婦と列席者全員で一斉に空に向かって風船を放つセレモニーのことです。青空にカラフルな風船が飛んでいく様子はとてもきれいでかわいく、列席者に子供がいる場合はとても喜ばれます!また、ヨーロッパでは、空や海には永遠という意味があるんだそうですよ!

テーブルごとに記念撮影!フォトサービス

結婚式って、本当にあっという間に終わってしまいます。せっかく遠くから来てくれた久しぶりの友達とも、一言も話せずに終了…なんてこともよくあります。
そこでおすすめなのがフォトサービス。各テーブルごと、写真撮影を行います。必ず全員のテーブルに回れるので、このタイミングで会話をすることが出来ます。また、新郎新婦と写真を撮りたいけど、前の方に出ていくのはちょっと…という列席者の方にとっても素敵なサービスです!
各テーブル毎、ポーズやテーマ(隣の人とハートを作って!や、投げキッスして!など)を決めて撮るのも楽しいのでおすすめです!

いかがでしたか?
一生に一度の結婚式、新郎新婦にとっても列席者の皆さんにとっても忘れられない素敵な一日になるよう、自分たちらしい演出を考えてみてくださいね!

こんな記事も読まれています