基礎から学ぶ、つわりを楽にする方法とつわりの時のオススメ食べ物飲み物

2,275 views

妊娠中に起こる吐き気やムカムカなど、消化器官を中心のトラブルをつわりと呼んでいて、実に妊婦さんの8割程度の人が体験します。

みんなのつわりの症状、知識、対策や日常生活で気をつけたいことや軽減する方法について、まとめてみました。



つわりの知識

つわりの時期は個人差が多いのですが大体妊娠5週~16週ぐらいでしょう。
妊娠3ヶ月目(8~11週)がつわりのピークと言われています。

つわりの原因について、1番の有力説はママのからだが妊娠のために大量に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンについていけないためと考えられています。
このhCGホルモンは妊娠10週くらいが1番分泌される量が多く、その後少なくなりますのでつわりの時期とも一致するのです。

その他いろいろな説があります。「自律神経のバランスが崩れるため」「赤ちゃんを異物だと感じて拒否反応を起こすため」「ママが激しく動かないように流産を防ぐため」「精神的不安が大きくなるため」などと言われています。

つわりの症状

ムカムカ
1日中二日酔いのようにムカムカしてしまう。常にゲップを出したいようなムカつきがある。

吐き気
何を食べても吐いてしまう。水分までも受け付けなくて体重が激減してしまうことも。

食べづわり
空腹になると吐き気が起こるので常に食べ物を口に入れていたくなる。食べ物の好みが変わり同じ物ばかり食べたくなる(それしか食べられない)

においに敏感
ご飯の炊ける匂いや精肉売り場の匂いがダメになる。他にも特定な物の匂いがダメになったりする。

頭痛や発熱、めまい
微熱が続いたり、すぐに頭痛が起こったりします。また立ち上がったときや外出したときにめまいが起こることもあります。

精神的不安
イライラしたり、今まで気にならなかったことが不安になったりします。ストレスが大きくなり情緒不安定になることもあります(自律神経失調症)

唾液過多
口の中がいつも乾いたり、唾液過多になったりします。また唾液がネバネバすることもあります。

つわりの対策

必ず終わりが来る
つわりは病気ではありません。そして精神的なものが大きく影響すると考えられています。つわりの症状が重い妊婦さんは「何で私だけ?」「つわりが永久に続いてしまうのでは?」と考えてしまうのも無理はありません。
しかしつわりは必ず終わりが来ます。またいきなり嘘のように症状が軽くなる傾向があり、もしつわりが長く続いたとしても症状が軽くなっていくことがほとんどです。

好きな物を食べる
無理をせず好きな物(食べられるもの)を食べるのが1番いいでしょう。赤ちゃんへの栄養や体重管理が心配になりますが、つわりの時期には目をつぶるしかありません。

食事回数を増やす
つわりは空腹になると症状が悪くなるので食事をこまめにとるのがいいでしょう。吐き気で食事が取れないときでもクラッカーや果物、アイスやヨーグルトなどさっぱりした物をなるべく口にしましょう。

食べれるものを傍に
朝起きた時におなかが空だと吐き気が強まります。夜中に起きたときに口に入れられるものをそばに用意して置きます。昼間に仕事の人もポケットなどに何か食べれる物を用意しましょう

http://www.ikujizubari.com/kenko/tuwari2.html

こんな食べ物がオススメ

冷やしそうめんや冷やしうどん、冷やっこなど。
凍らせたフルーツ類、野菜スープ、ところてんや白滝、春雨。
アイスクリームやアイスキャンディー、あめ玉やガム。

冷たく、つるっとした食感のものは、つわりの方でも食べられるという事があります。

全く何も食べないというよりは、食べられるものだけでも食べていたほうがいいので、まずはチャレンジしてみてください。

こんな飲みモノがオススメ

無糖の炭酸水、レモン果汁を加えた氷。
100パーセント果汁のフルーツジュースを水で薄めて飲む
イオン飲料(ポカリスエットやアクエリアス)

一度に沢山の量をとってしまうと、吐いてしまう事があります。吐く事を恐れて、水分を控えてしまうと脱水症状に陥り、かえって悪阻がひどくなる可能性があります。飲み物を少量ずつとるよう心がける事で、吐き気を伴わずに水分補給が出来ますので試してみましょう。

http://www.babys-room.net/maternity/maternityroot/tuwari.html

こんな記事も読まれています