いつまでも夫に愛され続ける妻になるために大事な事とは…?

4,014 views

新婚当初はラブラブでも毎日一緒にいれば、マンネリ気味になってきます。しかし、結婚生活を長くラブラブに過ごしたいと思っているなら、5つの条件に目を通しておきましょう。簡単そうで意外と出来ていない事が多いかもしれません…。自分自身を見つめなおしていつまでも愛される妻を目指しましょう。



あいさつ・礼儀

夫婦生活に慣れてきても、あいさつや礼儀を忘れてはいけません。
あなたは、「おはよう」「おやすみ」「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を夫の顔を見て言っていますか?
違う部屋から目もあわせずに言っていませんか?家事に育児にと忙しく、毎日は難しい場合もあると思いますが、できるだけ顔を合わせて声をかけるようにしましょう。

そして、感謝の言葉を口にすることも大事です。「言わなくても分かるだろう。」「気持ちは伝わっているだろう」と思っていても、相手にはちっとも伝わっていないかもしれません。何かしてもらった時は素直に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

女性としての身だしなみ

結婚生活に慣れてくると、つい色々なことが手抜きになってきますよね。夫にスッピン、ジャージ姿を見られても平気だったり、お洒落をしなくなったり…。気を抜ける空間というのももちろん大切ですが、毎日気を抜きっぱなしとなると、女性として見られなくなってしまいます…。

毎日バッチリメイクしてお洒落をしていなきゃいけないという訳ではありません。家の中でリラックスするのは必要ですが、ボサボサの髪のままでいないで髪をブラッシングするとか、下着姿のままで夫の前をうろつかないようにするとか。女性として最低限の身だしなみには注意したいものです。

そしてたまにはおもいっきりお洒落する日があってもいいと思います。結婚しても、いつまでも夫の為に少しでも綺麗でいたいと心がけることは愛され妻になるための第一歩です。

聞き上手になる

「仕事の話は分からない!」「つまらない!」と思って夫の話を聞いていない人も多いのではないでしょうか?聞き上手は愛され上手です。忙しいからといって後回しにせず、一日30分でもいいので、夫の話にしっかり聞くようにしましょう。
特に男性は、自慢話や武勇伝を語りたがるので、「すごいね」「そうなんだぁー」 とタイミングよく相槌を打だけで気持ちよくなるものです。

適度な距離感

夫婦であっても、いつも一緒にいるのではなく、適度な距離感を保つ事が大切です。

たまにはお友達と食事に行ったり、実家で過ごしたり、別々に過ごす日があってもいいと思います。同じ家にいても、お互い干渉することの無い一人の時間を作る(読書など、趣味に没頭する)のもいいでしょう。

最後に

愛され続けるために心がけたいことを5つご紹介しましたがいかがでしたか?いつまでも愛される妻でありたいと誰もが思っているはずです。そのためには、ちょっとした気遣いや感謝の気持ちを忘れないようにすることが大事なのです。今回紹介した5つのうち1つでも習慣にできるようにしていきましょう。

こんな記事も読まれています