コンビニで選べる!妊婦さん・授乳中のママが選ぶべきペットボトル飲料

39,863 views

妊娠するとノンカフェインのドリンクを飲まなくてはと思うはず。

ストレスになるほど気にしなくてもいいと言われますが、働いていたりするとコンビニでペットボトルドリンクを買うことも頻繁になるはず。また、困るのは外出した時に飲み物がない時です。

コンビニに入っても、どのペットボトルがノンカフェインやデカフェなのかわからなかったりします。

そんな時に役立ててもらえる、妊婦さん・授乳中のママが選ぶべきペットボトル飲料を5つ紹介します。

誰でも1日で受けられるイギリス発「新型出生前診断」って?


爽健美茶

日本コカ・コーラの「爽健美茶」は、大抵はどのコンビニでも売っているお茶。

実はボトルに小さく「カフェインゼロ」と書いてあるのを知っていましたか?

12種類の植物をブレンドしたお茶なので、カフェインがどれかに入っていそうと思うかもしれませんが実はカフェインゼロ。

ホームページにはカフェインゼロなので、子供にも安心して飲ませられると書いてあります。

赤ちゃんもミルクから麦茶やお茶を飲ませるようになる時に、カフェインゼロの爽健美茶を選ぶママも多いです。妊婦の時から産後の授乳中、ベビーにも飲ませることができるお茶です。

おーいお茶 絶品ほうじ茶

カフェインがゼロではないのですが、カフェインレスなのがほうじ茶。伊藤園の「おーいお茶 絶品ほうじ茶」はスーパーやコンビニでもよく見かけます。

カフェインを多く摂りすぎると胎児への影響があるかもしれないので、妊娠中も「できるだけ少ない」飲み物を選ぶべきと思っているママ。もしそうなら、コーヒーよりも緑茶、緑茶よりもほうじ茶、とカフェイン含有量の少ないペットボトル飲料を選びましょう。

国産一番茶を100%使用したお茶です。
ほうじ茶は香りもいいので、ほっと一息つきたい時にも活躍してくれます。

十六茶

コンビニに売っている十六茶も、実はノンカフェイン。
十六種類の茶葉を混ぜてあるのでカフェインが入っているように思いますが、ノンカフェイン飲料なんです。

ボトルに赤い字でカフェインゼロと書いてあるので、安心して飲むことができますし、ベビーが産まれた時にははじめてのお茶としても飲ませられます。

カロリーゼロ、糖質ゼロ、カフェインゼロで、妊婦さんは安心して飲めるはず。
2リットルペットボトルをはじめとして、600ml、555ml、350mlからスリムパック250mlまであるので、家でも外出時でも飲むことができます。

健康ミネラルむぎ茶

伊藤園の「健康ミネラルむぎ茶」は、麦茶なのでノンカフェイン。

夏になると飲みたくなる麦茶は、水分補給にもぴったりです。
妊婦さんは、つわりなどで体調を崩しやすくなります。
そこで、夏は特に麦茶をたっぷり飲んで、脱水症状を起こさないようにしましょう!

クセがない味なので、お弁当や休憩時にも飲みやすいですし、子供がうまれたら125mlパック×3個の「こどもむぎ茶」もあるので、親子でむぎ茶を飲むこともできますね。

「冷え知らず」さんの生姜チャイ

永谷園が発売している「冷え知らず」さんシリーズには、ドリンクもあります。

生姜を使った紅茶飲料なので、飲むと体が温まります。
冷えは大敵の妊婦さん。できるだけ冷やさないように温かい飲み物も取り入れていきましょう。

シナモンやクローブなどのスパイスが効いているので、ほっとしたい休憩時にも飲むことができ、冷えを撃退することができます。

冬の時期、冷えを感じたら対策として、1本飲んでおきたいものです。

低価格で性別判定も可能な「新型出生前診断」とは?

こんな記事も読まれています