子供が風邪ひいた!小児科?耳鼻科?どっちにする?

2,953 views

子供の風邪の症状はさまざまですが

一番多いのは「咳」「鼻水」「鼻づまり」や「発熱」

特に鼻づまりや咳がひどくなると夜あまり眠れなかったりするので可哀想になってきます。

そんな時、小児科と耳鼻科どちらに行くか悩みませんか?

見極めるのは難しいですが、早く適切な方を受診すれば後の症状がとても楽になります。

私なりの目安ですが、是非ご参考に。



うちの子、どこが弱い?

子供によって出やすい症状はまちまち
体の弱い部分が真っ先にやられてしまう感じですよね。
鼻が弱い・のどが弱い・熱が先に出る・痙攣する…などなど
鼻は特に外気が出入りするので弱い子供も多いはず
乳幼児期は口で息をする事に慣れていないので、鼻が詰まると余計呼吸がしずらくなって眠れなくなってしまいます。

症状を見て受診する

病気といえば小児科
アレルギーといえば耳鼻科
みたいな印象がありますが

風邪をひいた時、まず熱があるかどうか確認です!
熱も痙攣もなく元気で、症状が鼻水・鼻づまり・咳だけの時は迷わず耳鼻科へ直行。
乳幼児は中耳炎になりやすく、鼻とのどの炎症から熱が出る事も多いので早めに行く事をおすすめします。

逆に先に鼻・のどの症状以外の時は小児科へ
小児科のお薬で落ち着いてきても、鼻やのどが治らない時は耳鼻科に受診した方が治りが早いです。

同じ薬でも小児科と耳鼻科では成分や分量が少し違ったりするので、効き目にも違いが出てきます。

耳鼻科のメリット

その名の通り、鼻・耳・のど・口腔の専門なので、花粉の時期はものすごい混み様です。

でもご存じですか?
インフルエンザの検査は耳鼻科の方がちゃんと診断できるんです。
今の検査は鼻の奥の粘膜を採って診断しますが、毎日扱い慣れている耳鼻科の先生の方が痛みもほとんどなく上手に出来るので、診断にもあまり失敗がありません。

なんといっても一番のメリットは、直接鼻やのどに薬を入れてくれる事でしょう!
ただ、子供用のシロップタイプのお薬がない耳鼻科もあるので
心配な方は受診する前に問い合わせて確認してください。

小児科のメリット

小児科へ受診する時に注目しておきたいのは、その病院の看板です。
小児科専門は意外と少なく、「小児科・内科」や「小児科・皮膚科」など複数の科目を書いている所が多い事。
そこで、書いてある順番に注目です。
大体は左から書いている順番が、先生が得意な科目の順番なので
「小児科」が一番左にあるかを見て受診しましょう。

そして、メリットとしては小児の病気に精通していることと
子供が飲みやすいシロップタイプのお薬がある事です。

病院ごとの良い所取りで早く治してあげる

子供は大人のように自分の症状を言葉で上手く伝える事が苦手です。
実際、普通の鼻風邪だと思って耳鼻科へ行ったけど
口の中がおかしいと言いだして小児科へ行くと、手足口病だったとか。
熱が出て小児科へ直行した時、インフルエンザの検査で反応が出なかったけど、数時間後に鼻がひどくなって耳鼻科へ行き、インフルエンザの検査をしてもらうと反応が出たとか。
結局違う病院を行く羽目になる事もしばしば…

子供の体力や手間も考えると、なるべく1か所の病院で治ってほしい気持ちでいっぱいですが
風邪に限らず子供が病気になった時は、病院めぐりをする気持ちで
それぞれの良い所を上手く使って、早く治してあげたいですね。

こんな記事も読まれています



シェア