お誕生日にまつわるドン引きエピソード5選

2,110 views

1年に一度の楽しい日になるはずの大イベント「お誕生日」。でも、時にはお誕生日が一転してとんでもない1日になってしまうことも。今日はそんなお誕生日に待つわるドン引きエピソードを5つご紹介しちゃいます。



誕生日の日を間違えていた

付き合い始めて3年になるカレ。
私の誕生日は1月10日なのに、10月1日に突然プレゼントを渡してきたんです。

正しい日付にプレゼント&お祝いをしてくれたのは、付き合い始めて最初の年だけ。
2年目は勘違いしても「かわいいところあるな」と、大目に見たのですが、いいかげん3回目ともなると、本当にドン引き。彼の誠意を疑ってしまいます。

→ カノジョの誕生日を正しく把握するのは基本中の基本です。大切な恋人の誕生日なのですから、まずは自分の手帳に書き込むなりしてしっかり覚えておきたいものです。

元カノの誕生日にプレゼントを贈られた

お互いの会社帰り、いつものように待ち合わせて2人で帰っていると、
カレが突然「今日はレストランを予約してあるんだ」と言うんです。
行ってみるとそこは銀座の高級レストラン。

私たち2人のどちらにとっても特別な日じゃないのに、こんなサプライズなんてステキ!
と思っていると、今度はカレが「お誕生日おめでとう」と、アクセサリーをプレゼントしてきました。
事態が呑み込めず、どういうことかをカレに問い詰めると、
元カノの誕生日と私の誕生日を勘違いしていたとのこと。

あまりの怒りに無言でレストランを出て、その帰りにメールで別れを告げました。
カレとはそれ以来会っていません。

→ 元カノと今の恋人の誕生日を勘違いするなんて言語同断です。残念ながら、こんな勘違いをしてしまってはフォローすることは難しいでしょう。こちらも先ほどご紹介したエピソードと同様ですが、恋人のことはしっかりと覚えておきましょう。

渡されたプレゼントが元カノの好みのものだった

楽しみにしていた私の誕生日。彼の自宅でささやかですが、
シャンパンを用意して二人だけの素敵なパーティを計画しました。

パーティも盛り上がって最高潮。彼が「はい、誕生日プレゼントだよ」ときれいな箱を渡してきたんです。
「君の好みのネックレスを探したんだよ」と、得意げなカレ。
私が箱を開けてみると、中にはターコイズが光っているインディアンジュエリーが。
どう見ても私の好みではないし、むしろ正反対。
なぜなら私の好みはシックでエレガントなアクセサリーだから。

彼の不可解な行動に、どういうことか聞いてみると、カレは明らかに焦りだし顔が真っ青に。
彼が言うには、元カノの好みと勘違いしてアクセサリーを選んだとのこと。
完全に場は凍り付き、パーティはそこで終了。
私は終電で一人家に帰りました。

→ これも同様にカレの勘違いによるドン引きエピソードですね。有り得ないことと思うかもしれませんが、実際に起こっているのには驚いてしまいます。不確かな記憶でお誕生日に大失敗をするくらいなら、事前に恋人にプレゼントは何が欲しいのかを聞いておいたほうが良いかもしれません。

誕生日当日は出張でいないはずなのに・・・

私の誕生日当日は「出張だから一緒にいられない」とカレ。とても残念だけど、仕事なら仕方ありません。
別の日にお祝いしようねと二人で話し合っていたんです。

しかし私の誕生日当日に某大手SNSサイトのタイムラインを見てびっくり。
「今日はオールで盛り上がるぜ!」という「友達の友達」の記事にカレが写真と共にしっかり「タグ付け」されていたんです。

ご丁寧に、カレの会社から近い居酒屋が「今いる場所」として「チェックイン」されていました・・・
すぐに彼にメールを送るも返事はかえって来ず。
本当にドン引きしました。

→ 便利で楽しいSNSですが、本人は投稿していなくても「友達の友達」の投稿から、やましい行動がバレてしまうことが多々あるようです。
もっとも悪いのはどう考えてもカレ。嘘はついてはいけません。
倫理的に正しい行動を心がけるのは大人として当然といえるでしょう。

誕生日を忘れていた

誕生日当日になっても、全く私に何かを計画している素振りすら見せないカレ。
こちらは内心ちょっとソワソワ。
何かサプライズでもあるに違いない!と思っていましたが、まさかのまさか。
いつも通りの1日が過ぎていきました・・・
ある意味、これこそとんでもないサプライズでしたよ。

次の日にカレに「昨日は私の誕生日だったんだけど」と、言うと
カレは大慌てで、急きょレストランを予約してくれたり、
プレゼントを一緒に買いに行ったりとしてくれました。

まあ、結果オーライだと今回だけは許してあげましたが、次回は絶対に許しません。

→ 誕生日の日自体を忘れてしまう・・・考えられるドン引きなシチュエーションの中でも、最もありそうですが最もあってはいけないものではないでしょうか!?
女性の視点からすれば、誕生日を忘れてしまうなどということは、
到底考えられないことです。
恋人から愛想をつかされないように相手を思う気持ちを常に大事にしましょう。

いかがでしたか?心当たりがあった方もそうでない方も、ちょっとドキっとしてしまったのではないでしょうか。誕生日は大切な日ですので、忘れたり遅刻をしたりしないよう気を付けたいものです。もしこんなことをやってしまったと、心当たりがある方、次回のお誕生日には盛大なお祝いを用意しましょう!

こんな記事も読まれています