コンバース・オールスター×Disneyに注目!靴・バックパック・帽子まで揃う親子コーデ♡

153 views

コンバースから、ミッキーマウスデザインが登場します!

ユニクロなどでもコラボされているミッキーマウス。ディズニーモチーフの商品は、大人から子どもまで大人気です。

今回、コンバース・オールスターとコラボしたモデルは「ALL STAR 100 MICKEY MOUSE」と呼ばれ、コンバースオールスターの100周年を記念したモデル。

大人サイズ、子どもサイズ、ベビーサイズの靴(コンバース・オールスター)をはじめとして、シューズの柄を取り入れたキャップ、バックパックやポーチもあります。

2017年3月末からの販売ですが、人気商品は早々と売り切れそう。このコラボ商品はどこで購入できる?おすすめ商品は?詳しく調べてみました。

[show_pc_ads]

[show_sp_ads]

BABY ALL STAR N MICKEY MOUSE PT Z|5940円

コンバースオールスターとのコラボは、コンバースの公式通販サイトでも購入ができます。また、ZOZOTOWNのABCマートでも靴の取り扱いがあります。インターネット通販を行っているので、そちらをチェックしてみてください。

シリーズのメインは、白黒のミッキーが描かれたもの、カラーバージョンのミッキーが描かれたものの2つ。ミッキーマウスがいろんな姿になっていて、アッパーにプリントされているキュートなデザインは、子どもに似合いそうです。「BABY ALL STAR N MICKEY MOUSE PT Z」はファスナーでベビーも脱ぎ履きしやすいモデル。

ベビーサイズは、5=12センチから0.5センチ刻みで8=15センチまで。キッズ、大人モデルもあるのでオソロコーデができます。

[show_sp_ads2]

ALL STAR 100 MICKEY MOUSE HD OX|9720円

ブラックのコンバースオールスターを基本にした、ディズニーとのコラボモデル。かかと部分にはミッキーの洋服の赤いデザイン。アッパーの紐部分にはミッキーの手のデザインがされていて人気商品。早めに購入しないと完売が予想されます。

ブラックを基本色にしているので使いやすく、いつものコーディネートに取り入れてもらえそう。

サイズは3=22センチから、11.5=30センチまで。30センチまで販売しているなんて、さすがコンバース!足の大きいパパにも履いてもらえます。夫婦ペアも可能です。

[show_pc_ads2]

[show_sp_ads3]

CHILD ALL STAR N MICKEY MOUSE PT Z HI|6480円

ベビーではなく、こちらはキッズサイズ。そして、ミッキーマウスのカラーバージョン。「マルチ」と呼ばれるデザインです。

モノクロのバージョンよりもはなやかな印象です。同じコンバースオールスターでも、ハイカットだと足首までのデザイン。ローカットの商品と印象が少しずつ違います。キッズは8=15センチから2=22センチまで。箱までこだわりのある今回のコラボ商品。靴が入っている箱にもミッキーマウスが隠れているので、プレゼントにしても喜ばれそうです。

[show_sp_ads4]

MICKEY MOUSE HIPS MOTIF KIDS DAY PACK|5832円

KIDSのバックパック。実は、これと同じデザインで大人用のファミリーペアモデルもあります。

「ヒップモチーフ」と呼ばれるデザインで、黒、赤、黄色のカラーリングでミッキーマウスとわかるようになっています。キュートなのが、ファスナー部分。ミッキーマウスの手のひらのデザインがついています。

ミッキーマウスのシルエットはないのにカラーリングでミッキーモチーフとわかる、さりげないデザイン。リュックサックで親子コーデもできますよ。

[show_sp_ads5]

MICKEY MOUSE SB CAP KIDS|3888円

ミッキーマウスが描かれたキャップも100周年記念モデルとして発売されています。このキャップにもキッズモデルのほか、大人用のモデルもあります。

模様が描かれているものの白黒なのでモノトーンコーデとしても使えそうなアイテム。他を黒に統一して、キャップを目立たせるようにしてコーディネートするのもいいですね。サイズは53~55、55~57センチの2サイズ。真ん中には「CONVERSE ALLSTAR」の文字が描かれています。綿100%の製品です。

100周年を記念したモデルは、今だけの限定商品も多いです。商品の多くが、大人・子ども・ベビーサイズがあるので、兄弟コーデや親子コーデも叶います。商品によっては大人の足サイズ30センチまで買えることも!

限定アイテムを取り入れて、親子でお揃いに挑戦してみるのはいかがでしょうか。