妊婦さん必見!妊娠初期におすすめしない紅茶とおすすめする紅茶

109 views

妊娠中や授乳中も食べ物や飲み物に制限がありますよね。大事な赤ちゃんの為なので仕方ないですが・・・好きなものがNGなものだと我慢しなければならないので苦痛に思う方もいると思います。妊娠初期は赤ちゃんの大事な体の形成が行われる時期なので特にママの口に入れるものには注意が必要な時期でもあります。

妊娠初期に気を付けたい食品や飲み物は様々ですが今回は紅茶についておすすめする紅茶とおすすめしない紅茶をご紹介します。

どうして紅茶はだめなの?

妊娠中の紅茶はどうしてだめなのか?というと、一般的な普通の紅茶にはコーヒーと同じでカフェインが配合されています。もちろんノンカフェインのものであれば飲んでも大丈夫ですよ!その他にもアイスティーで飲むと身体を冷やしてしまう。身体が冷えることで下痢の原因に繋がってしまい胎児にじゅうぶんな栄養が行きわたらない可能性がある為におすすめ出来ない飲み物になってしまいます。
一番の理由はカフェインが与える胎児への影響です。

おすすめ1 ルイボスティー

ルイボスティーは栄養価が高く医者いらずなんて言われる程のハーブティーで一時期とても人気が出ましたよね。ルイボスティーはもちろんノンカフェインで亜鉛や鉄分やカルシウムを多く含み妊娠初期から授乳期に必要な栄養素をたくさん含んでいるのでおすすめされています。また抗酸化作用ももっている為に身体の免疫力をあげてくれるとあって、妊娠中の方だけでなく赤ちゃんにも安心して飲ませることの出来るとっても優秀なハーブティーです!

今ルイボスティーの種類も豊富でスーパーやドラッグストアにも売っていますが味や色の濃いものが良いとされています。あまりに安価なものは効果も期待出来ないので購入する前にはその商品の口コミなどを見てから選ぶと良いですよ!

おすすめ2 ローズヒップティー

妊娠中の人だけでなくほとんどの女性には良いとされているローズヒップティーもおすすめです!もちろんノンカフェインでビタミンCをとても多く含み抗酸化作用もとても高いと言われています。妊娠初期はホルモンのバランスが崩れてお肌のトラブルも起こりますが美肌効果もあるので女性にはとっても嬉しい効果の詰まったハーブティーなんですよ。

もちろん赤ちゃんにも安心してあげることも出来て、出産後にも続けて飲むことも可能なのでその日の気分や体調にあわせてルイボスと交互に飲んでも良いかもしれないですね!

避けたい紅茶1 ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフティーは妊娠初期にはおすすめ出来ません。その理由は子宮の収縮効果によって下腹部に痛みが起きたり出血してしまうことも。ラズベリーリーフティーもネット販売などで妊婦さんに良いと売られていますがこれはあくまでも妊娠後期・臨月の方に対してであってそれ以外の周期の方にはおすすめしません。

また飲み過ぎると流産してしまう可能性も低くはないので、やはり妊娠中は避けておいた方が安心出来ると思います。

避けたい紅茶2 セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは便秘解消効果が非常に高いことで有名になったハーブティーですが、海外では毒草して指定されているほど便秘解消効果は高いのですがやはり妊娠初期にこの紅茶を飲むことで子宮の収縮が起きることや流産に繋がってしまうこともあるので避けたい紅茶です。

いかがでしたか?我慢しないといけない事はとてもつらいですよね。しかし、妊娠中の大事な身体。そして出産後は大事な赤ちゃんもいます。ママ自身の健康も考えて妊娠をきっかけに身体に良い紅茶に変えてみてはいかがですか?

こんな記事も読まれています




シェア