無印良品のレトルトは子育てにもいける?これならOKな種類とは?

246 views

多くのファンを持つ無印良品。その中でも食品のファンはとても多いもの。

たとえば、「素材を生かした」シリーズのキーマカレーは1袋税込300円。家庭で本格的な味が300円で楽しめるならいいですよね。ただ、辛口で激辛ではないにしろ子供は食べにくそうに感じてしまいます。チーズをかけたり、トマトジュースをかけたりする人もいるみたいですが、大人好みの味が多そうな無印良品の”あたためるだけ”のシリーズですが、意外にも子供も食べられそうなアイテムがありました。

その内容とは……?



無印良品のカレーは「化学調味料・合成着色料・香料不使用」!

紹介した、無印良品のキーマカレーのパッケージを見ると「化学調味料・合成着色料・香料不使用」とあります。

化学調味料は知らないうちに食べていることも多く、レトルト商品は多く含まれている気がしますよね。外食でも味がおいしくても舌が化学調味料に慣れてしまうような気がします。でも、無印良品のカレーは化学調味料も不使用で、合成着色料、香料だって不使用。子育てママも安心して食べさせることができるのでは。

ただ、キーマカレーは味わってみると大人好み。かなりの辛さです。本格的だからこそ子供には食べさせられない気がしますが、それならこれでどうでしょう!

素材を生かしたスープ 蟹のビスク |税込350円

あたためるだけの素材を生かしたスープ。スープ専門店で売っているような「蟹のビスク」は200gで1人前です。

魚介類のうまみをとじこめたスープは、生クリームで仕上げた本格派の味。きっと子供もおいしいおいしいとすぐに飲んでしまうかも。レトルトのスープは忙しい時をはじめ、1品欲しい時にも追加できそうです。

食べるスープ 豚肉とチンゲン菜の胡麻味噌担々スープ |4食380円

食べるスープシリーズも人気です。

お湯をそそぐだけで食べることができて、鍋でありそうな胡麻味噌の味。子供にはちょっと辛いかなとも思うので、大人用として常備しておくのも◎。はるさめなどを入れて食べればヘルシーな1食になります。冬は体があたたまりそうですね。

食べるスープ あさりとコーンのクラムチャウダー|4食380円

子供が大好きなシチュー風。あさりとコーンのクラムチャウダーはクリーム系の1食です。

マグカップに入れて飲むことができるほか、パスタソースみたいにしてスープパスタにしても◎。はるさめなどと合わせてもおいしそうですよね。4食入りなのでアレンジレシピも楽しみたいところ!人によっては塩分が濃いと感じる人もいるみたいです。ミルク追加したりして味わうのもいいかもしれません。

国産牛と黒豚のボロネーゼ |税込290円

パスタソースだってあります。

こだわりの国産牛、黒豚を使用したボロネーゼは1袋300円。温めるだけでパスタソースとして使うことができます。完熟トマト、炒めたたまねぎのコクでシンプルにしあげています。家庭でレストランの味を楽しめそうです。クチコミもかなり評価が高いので、挑戦してみたくなりますね。

パッケージに大きく「化学調味料・合成着色料・香料不使用」とあるので、安心して食べられる無印良品のレトルト。

カレーだけでなくスープやパスタソースまであるので、要注目です!

こんな記事も読まれています