これぞ結婚あるある!結婚の理想と現実のギャップとは

192 views

先日結婚会見をしていた歌手のDAIGOさんと女優の北川景子さん。
見るからにラブラブで、見ている側も幸せになりましたよね。
現在独身の方や、結婚を控えている方のうち、特に女性は結婚に対して憧れや夢を抱いている方も多いと思います。
でも、実際には理想と現実のギャップに悩むことになることが多いに起こりうるんですよね。
ここでは、既婚者が「あるある」とうなずきたくなる、結婚の理想と現実ギャップについてご紹介したいと思います。
事前に、結婚の現実の姿を知っておけば、そのギャップに対するガッカリ度やフラストレーションも多少は軽減されるかもしれませんね。

1.パートナー

恋人同士の時は、色々手伝ってくれたり気配り上手だったのに、結婚すると思っていたよりも、家事を手伝ってくれない・・・なんてパートナーに対して不満を持っている女性は多いようですね。
また、これまではデートの時しか会えなかったけど、結婚して一緒に暮らし始めたらもっと2人の時間が持てると思っていたのに、全然一緒にいられないなんて意見も多いんです。
男性にとっては、釣った魚にはエサをやらないといった感じなのでしょうかね・・・。
これまでは、あなたを自分の恋人として、更には結婚相手としてつなぎとめるために、頑張っていたパートナーも、結婚して妻となれば安心してしまうのかもしれませんね。

http://wedding.mynavi.jp/contents/kekkonkan/2014/11/entry_35669/

2.住まい

思い描いていた結婚生活は、マイホームを購入して優雅な生活・・・。
でも、実際は小さな賃貸住宅暮らし、なんて夫婦は多いはず。
また、ドラマや映画で見ていたような、おしゃれで綺麗な部屋で結婚生活を送るつもりが、2人の趣味趣向の違いもあって、雑然とした部屋になってしまった・・・なんて女性もいるようですね。
結婚生活は日々の積み重ね。なかなか、ドラマや映画のようにはいきません。
また、マイホームを持つ・持たないも、夫婦間で意見が異なる場合もあるので、最初にしっかりと話合っておくと良いかもしれませんね。

http://kurashinista.jp/column/detail/373

3.お金

彼にプロポーズされたら、寿退社をして専業主婦に・・・と夢を描いているあなた。
今付き合っている彼やこれから結婚予定の彼の収入はチェック済みですか?
実際に仕事を辞めて専業主婦になってみると、パートナーの収入だけでは経済的に厳しくて、節約生活を強いられてしまう事も多々あるんですよね。
結婚後に、こんなはずじゃなかった!と後悔しないように、結婚前に彼の収入を把握して、2人が不満なく暮らせるかどうかをシュミレーションしてみると良いでしょう。

http://wedding.mynavi.jp/contents/kekkonkan/2014/11/entry_35669/

4.子供

芸能人のブログなどで良く見る、綺麗な家で子供とパートナーと一緒にほほ笑む素敵なママ。
自分も、いずれこんな魅力的なママになるんだ!と期待して子供を産んだものの、現実は育児に追われて、寝不足と疲労でお肌はボロボロ、ファッションに気を使う余裕もなしなんてことは、育児あるあるです。
芸能人は見られるお仕事。
現実の子供を持つ女性の姿とはちょっと違うんだという事を、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

http://kurashinista.jp/column/detail/373

5.結婚とは・・・

テレビでおなじみのタモリさんが「結婚とは愛で始まり、憎しみに変わり、感謝で終わる」という名言を言ったそうですね。
まさに、結婚とはその通り。
恋人同士の時期とは違って、生活を共にする同志となっていくのです。
決してラブラブな生活がずっと続く訳ではないですが、それが信頼関係など他の形に変わって固い絆で2人をつないでくれると信じたいものです。

http://jonny.tokyo/18/8928

こんな記事も読まれています