恋愛成就のための自分との付き合い方(外見磨き編)

1,907 views
もともと見た目が良くて、何もしなくても彼氏ができる人もいますが、やはりかっこいい彼をゲットするために自分磨きは欠かせません。同性から見ても、綺麗にしている人を見ると尊敬しますよね。美意識の高い人ですね、と言われたら嬉しいですし、やっていくうちに自然と自信にもつながります。心にも体にも健康的な自分磨きを目指したいですね。


自分に似合うファッションを探す

服って本当に奥が深い。使いこなせない服ってありますよね。今は鞄や帽子、マフラー、メガネなどの小物類も増えて、さらにファッションへの関心が高まってきています。

自分をいかにプロデュースして魅せるか

どう思われたいかということより、自分を最大限魅せられるファッションとは何かを追及することの方が大事です。

失敗したなぁって思うときは、自分の中で何かがしっくりきてなくて、それを許せませんよね。それでは周りから褒められても嬉しくありません。シンプル、艶っぽさ、かっこよさなど、自己表現にも近いこの作業は、自分という人間を好きな人に伝える上でも大事な要素となります。過度に露出の高い服や地味すぎる服も、マイナスな印象を与えてしまいかねません。

服は着る人に選ばれる

生き方やポリシーをしっかり持っている人は、もうその世界観の服を着こなしますよね。モデルやシンガーなどがそうです。あとは、自分に似合うかどうかや、スタイルの問題もありますね。誰かの真似だったり、よくあるファッションだったり、個性をなくしてしまうのは少し持ったない気もします。しかし、個性が強すぎるのも主張が強く見られてしまうかも。

ちょっと一癖入れたいけど、誰かに理解されないのは失敗と捉えられてしまう可能性もあります。多少流行りものを入れても、十分個性を出せます。
とは言ってもスタイルや着こなしというのは、ファッション雑誌やアプリなどですでにたくさん紹介してくれているので、その中から自分に合うものを選ぶことが、その世界観やなりたい人になる上で近道な気もします。

美の追求とダイエット

自分磨きばかりが幸せにつながるとは決して言えません。しかし美しくなりたいと思う女性本来の願望を抑えるということでもありません。頑張っている女性を好きという男性も実際多くいらっしゃいます。しかし偏った自分磨きでは、かえって逆効果になります。いくら過度のダイエットで細くなったとしても男の人は振り向きません。ガリガリより少し肉がついてる方が魅力的と思う人の方が多いからです。好きな人やパートナーに聞いてみたり、第三者の意見を大事にした方が偏った自分磨きにはならないと思います。食生活や運動、エステや美顔器など、美を追求したらいろんなことを金銭的にも精神的にも頑張らなければいけません。心のバランスを取りながら美を追求できたらいいですよね。

ちょっとしたところの手入れが大事

シャツがしっかりアイロンされているとか、髪の毛がサラサラで手入れしてるなぁとか、爪を綺麗にしている、肌質など、男の人は、自分にはないものを女性らしいと感じるのではないでしょうか?ナチュラルな本来の姿を美しいと思ってもらえるのが一番ですが、多少カバーもしたいのが女性としての本音ですよね。しかし、化粧が厚すぎるのは自信がないようにも見えますし、男性目線で考えることも大事です。スタイルがいいとは、くびれや、体のラインなどのことを言います。O脚はカッコ悪いですし、歩き方や、姿勢なども大事です。偏った自分磨きをしている人は自分の中の歪んだ考え方が原因ですので、第三者の意見を聞くことを忘れてはいけません。気を付けないと病的になってしまいます。

こんな記事も読まれています