「ヤクルト」っていつから大丈夫?乳酸菌飲料の正しい飲ませかたとは 

2,936 views

乳酸菌飲料のヤクルト。家で宅配を取っていたり、スーパーで定期的に買っていたりする人も多いはずです。でも、気になるのは、赤ちゃんはいつからヤクルトのような乳酸菌飲料をあげればいいのかということ。

よく、おばあちゃんやおじいちゃんはヤクルトが健康にいいからと言って、赤ちゃんの頃からあげたがりますが、「本当に大丈夫なの?」とママは思ったりしますよね。

そんな疑問にお答えします!



ヤクルトは赤ちゃんにも飲ませていいの?

ヤクルトは健康にいい、そう言って、年配の人は赤ちゃんにまで与えたがります。ただ、甘くて中毒性もありそうな飲み物。いくら乳酸菌が体にいいからって、赤ちゃんにまで与えるのはどうだろうと思う人もいるのではないでしょうか。

このヤクルト、赤ちゃんからあげてもいいものなのでしょうか。

ホームページに答えがあった!

ヤクルトは赤ちゃんから飲むことができます。

ヤクルトのホームページには、

”お子様、幼児もお飲みいただけます。赤ちゃんは、ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与えはじめてください。その際、哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。また、母乳やミルクの代わりにはなりませんので、それらの摂取量に影響を及ぼさないように量を調節してお与えください。”

とあります。

・離乳食開始の5~6ヶ月ごろから
・2倍くらいに薄めたものを
・体調や健康状態を見ながら、少量ずつ与える

ことが大事のようですね。

スプーンでごく少量ずつあげていくのがいいとされています。

むし歯のもとになるってホント?

よく、乳酸菌飲料はむし歯になりやすいという声を聞きます。それは本当でしょうか。

乳酸菌飲料には砂糖がいっぱい。飲むことで、口の中が酸性に傾きやすくなります。そのため、むし歯になりやすくなります。
むし歯の直接的原因ではないので、飲んだからといってすぐにむし歯になるとは言いにくいですが、飲んだ時はしあげみがきもしっかりと。

しあげみがきが不安なら、例えば、牛乳割で飲んでみることで、甘さも中和されます。カルピスの牛乳割みたいに、ちょっと味がうすいものの、ほんのり甘いおいしいドリンクに。甘さは控えめになります。

むしば防止のためにできることは

乳酸菌飲料はお砂糖が多い飲み物なので、飲んだ後は歯みがきもしっかりしないといけません。
ただ、歯みがきも大変なので、簡単な方法を伝授!

乳酸菌飲料を飲んだ後はお茶を「ごっくん」。すると、口の中の酸性を中和させることができます。もちろん、歯みがきもしっかりさせたいものの、乳酸菌飲料+お茶でむし歯になりにくい状態にしておきましょう!

カロリーハーフタイプもある♡

また、ヤクルトを飲むことで下痢っぽくなってしまう赤ちゃんがいることも確かで気になりますよね。そのため、ホームページにあるように最初は2倍くらいに薄めて少量ずつ飲ませるのが一般的。逆に、便秘がちな赤ちゃんなら、便秘予防として飲ませてあげることもできそうですよね。

飲んでみて、明らかに便が柔らかくなってしまうようなら、与えるのをストップしてもいいかもしれません。ヤクルトにはカロリーハーフタイプもあるので、ママにも嬉しいです。上手につきあって、乳酸菌飲料を活用してみましょう♡

こんな記事も読まれています