結婚後に夫を教育する4つのポイント!妻が主導権を握ろう!

2,779 views

結婚ってゴールのイメージがあるけれど、実際はスタートなんです。育った環境がまったく違うんですから、あれ?こんなハズではなかったと思うことが多々出てきます。

後悔する前に結婚スタート同時に、夫も自分好みに仕上げませんか?



家事

男性陣は、女性がやるモノだと思っている人が大半です。女性だって苦手な人もいますよね。
だったらせめて最低限のことが出来る夫にしましょう。
簡単なことから、、洗濯をする、干す。食事だったら自分が使った食器は流しに持っていく、水に浸けることを指導。
言い方一つでやってくれる夫もいるので、怒らずお願いしましょう。毎日お願いすれば自然とやるようになります。

買い物

まずは、週末一緒に行きつけのスーパーに買い物に行きましょう。夫は、カートを押す荷物を持つからスタート。
行きつけのスーパーの商品棚の配置が理解してきたら、数点一人で買い物に行かせましょう。
勿論、優しくお願いする感じで言うのがいいかもしれません。メモとマイバッグは忘れずに渡して下さい。
買いに行けたら褒めてあげて。自信なりますから。。
子供に言う感じでは無く、甘えた感じで言うのもいいかもしれません。

料理

簡単なお酒と一緒に食べるつまみを作ることからスタート。最初は、一緒にキッチンに立って一緒に作ってみては。
自身がついたら、ラーメンやカレーライスに挑戦させてみて。多少のことは目をつぶってホメて「美味しい」を沢山言ってあげて。
奥さんが風邪で寝込んでも「俺のメシは?」なんて言わなくなるかもしれません。

子育て

男の人は、子供が産まれてからでないと親になった実感が沸かない人もいます。
子供が産まれてから子育てに参加してもらいましょう。オムツ替え、ミルクあげをお願いしてみましょう。
初めての子育てだと自分も余裕が無くなり夫にも当たってしまうこともあります。
言わないと理解してくれません。妊娠出産後は、ホルモンバランスが崩れて不快にさせてしまうこと話しておくのも大事です。

出来ない奥さん

自分は完璧主義で何でもソツなくこなす女性もいるでしょう。しかしこれでは夫の立場がなく、俺がいなくても出来るでしょうと思わせてしまいます。
夫を持ち上げ、あ「あなたがいて本当に助かるわ」と言える妻がいいです。
多少、出来ない妻の方が夫もやってあげようと言う気持ちになりますよ。

こんな記事も読まれています



シェア