これで安心!マタニティトラベルで忘れてはいけない大切な事

1,405 views

妊娠生活も安定期に突入すれば、折り返し地点ですね。
体調が安定してきたなら、今の内に夫婦2人きりでの旅行をしておきたいものです。
でも、妊娠中の旅行って色々心配ですよね。
そこで、ここでは、妊婦の旅行で忘れてはいけない大切な事を5つご紹介します。
準備万端で、安心して旅行を楽しんできてくださいね。


1.医者の承諾

一番大切な事は、お腹の赤ちゃんと妊婦の母体の安全です。
妊娠中の旅行は、よほどの理由がない限り、妊娠経過が安定期に入ってからにする方が良いでしょう。
また、安定した妊娠生活に入っている方も、旅行を計画する前に、一度かかりつけの産婦人科医に、相談する事をおすすめします。
特に、海外への旅行の場合は、必ず確認してくださいね。
少し心配のある方は、事前に医師に相談して、張り止めのお薬をいただいておくのも良いですね。
使用する事がない事がベストですが、もしもの時のお守り代わりに持って行けば、気持ち的にも安心できると思いますよ。

http://www.babble.com/pregnancy/pregnancy-travel-guide-10-tips-on-how-to-stay-safe-comfortable/

2.母子手帳

旅行中は、怪我や急な体調の変化が起こる可能性もあります。
近くの病院に行った際に、自身の妊娠状況等を医者に伝えるためにも、必ず母子手帳を携帯してくださいね。
また、保険証も持参しておくと良いでしょう。
公共交通機関を利用しての旅行であれば、カバン等にマタニティマークを付けておくのも良いですね。
なるべく避けた方が良いですが、特に人ごみの多い所に行く場合には、周囲へ自分が妊婦である事を分かってもらえるので、自分自身やお腹の赤ちゃんの安全のためにもおすすめですよ。

http://karadanote.jp/6682

3.飲み物

妊婦は、頻繁な水分補給が大切です。
脱水症状は、早産を招いてしまう恐れもあるため、必ず旅行時にはペットボトルなどを携帯しましょう。
また、旅行先でホッと落ち着けるように、ノンカフェインの紅茶のティーパック等を持って行くのもおすすめですよ。
妊婦は体温が高く、汗もかきやすくなっているので、意識して水分を取るようにしてくださいね。

http://www.babble.com/pregnancy/pregnancy-travel-guide-10-tips-on-how-to-stay-safe-comfortable/

4.ブランケット、靴下

妊婦さんにとって、冷えは厳禁です。
暖かい季節であっても、建物の中や乗り物内が空調で寒くなっている可能性もあります。
そんな時の為にも、ブランケットや靴下を持参しておくと良いですね。
また、お腹が大きくなってくると、脚のむくみも気になってきますよね。
特に、長時間乗り物で移動がある場合、着圧ソックスも持って行くと助かりますよ。
長時間座り続けていると、むくみやすくなる可能性がありますので、後から困らないように万全の体制で行きましょう。

http://karadanote.jp/6682

5.パジャマ

最近は、ホテルや旅館等の宿泊施設でもマタニティプランを用意しているところが多くなっていますが、なかなかマタニティパジャマまで用意してある所はないと思います。
宿泊施設の浴衣を利用するのも良いですが、万が一はだけてしまって、お腹を冷やしてしまうなんて事がないように、マタニティ用のパジャマを持参すると良いでしょう。
楽しい旅行も、気づかぬ内に体は結構疲れているものです。
夜は安心してゆっくりと睡眠と休息が取れるように、準備をして行ってくださいね。

http://karadanote.jp/6682

こんな記事も読まれています