これでばっちり!トイレトレーニングの最終関門うんちを成功させる方法5選

2,057 views

3歳前後になると、気になってくるトイレトレーニング。
周りも少しずつ始めて、ちらほら終了するお子さんも出てきますよね。
そんなトイレトレーニングの最終関門がうんちです。
おしっこはスムーズに上手くいったのに、うんちだけはどうしてもトイレで出来ないと困っているママも多いのではないでしょうか。

ここでは、トイレでうんちを成功させるおすすめの方法を5つご紹介します。
是非、お子さんのトイレトレーニングの参考にしてくださいね。


1.まずはおまるからでもOK!

お子さんがトイレでうんちが上手くできない理由の一つに、足が地に付かないから上手く踏ん張れないという事もあります。
まずは、トイレという空間でうんちが出来た!という成功体験をさせてあげる事が大切なので、焦って補助便座を使わずに先ずはおまるを使ってうんちをする練習をさせてあげるのも良いですよ。

http://moomii.jp/kosodate/unchitraining-point.html

2.踏ん張る場所を作ってあげる

先にも述べたように、お子さんが上手く踏ん張ってうんちをできるように、足場を作ってあげるとスムーズに行く事が多いようです。
大がかりなものは大変であれば、段ボール紙製の足場なども販売されているので、トイレのサイズやお子さんに合ったものを選んであげてくださいね。

http://moomii.jp/kosodate/unchitraining-point.html

3.ママも一緒に力む

狭いトイレの空間は、元でも小さな子どもにとっては少し不安を感じる場所ですよね。
そこで集中して力んでうんちをする事はなかなか難しいことです。
そこで、ママもお子さんの手を取って一緒に力んであげましょう!お子さんの力むタイミングに合わせて、ママも「うーん」とお子さんを握る手に力を入れます。
そうすれば、ママと一緒に頑張っているんだと心強く感じて、頑張って力んでうんちを成功できると思いますよ。
ママの演技力も問われるので、頑張ってみてくださいね。

4.絵本

もし、トイレでうんちをする事を怖がったり、不安がっているのであれば、排便に関する絵本を読んであげる事もおすすめです。
トイレで排便することが身近な事に感じられれば、トイレでうんちをすることに対する嫌悪感も薄まるかもしれませんね。

また、お子さんのお気に入りの人形などを使って、トイレでうんちをするごっこ遊びをするのも良いですよ。

5.便秘対策をする

子どもがトイレでうんちがうまくできない理由の1つに、便秘でうんちが固くなってしまって痛かったり不快感がある事があります。
また、トイレが怖い等の理由で便意を我慢して便秘になってしまうパターンも多いようです。
まずは、お子さんの排便の回数をチェックしてみましょう!
もしも、便秘気味だなと思ったなら、まずは水分摂取を増やしたり食事内容を見直してみてくださいね。
それでも改善されないようであれば、小児科で診てもらうことをおすすめします。
まずは、お子さんの体調を整えてから、トイレトレーニングを再開してあげてくださいね。

https://mamanoko.jp/articles/14296

こんな記事も読まれています