料理上手に見える!スキレットが○円で買える?【キャンパーにも愛用者が続々!】

587 views

「スキレット」って知っていますか?

鉄でできた鋳物素材の鍋やフライパンのことで、持ち手まで金属でできています。そのため、魚焼きグリルやオーブンで調理ができ、しかも、素材の魅力を活かすことができると評判!料理初心者の女性に試してもらいたいアイテムです。

とは言え、最初は油を塗って熱する「シーズニング」作業が必要だったり、使った後はしっかり洗って乾かしておかないと錆びてしまいます。食洗機を使わず、しっかり洗ってふきんで拭かなくてはいけないので手間もかかり、錆びついてしまうと使えなくなる羽目に……。

だからこそ、値段の高い本格派ではなく、プチプラのスキレットを購入して楽しんでしまいましょう!実は、○円で買えるとか……。一体、いくらだと思いますか?

 

スキレットの流行をつくった「LODGE」

元々、キャンプ用品として愛用されていたスキレット鍋。例えば、カレーを作ったり、シチューを作ったり、豪快に肉を焼いたりして調理していました。大きな鍋型もありますが、フライパンの形のものもあります。

最初に流行となったのは、「LODGE(ロッジ)」のメーカー。本格的なアウトドアブランドで、日常使いもできるデザイン性の高さが魅力でした。

ただ焼くだけで素材がおいしくなるスキレット。その流行をつくったブランドです。

1コインでスキレット鍋が買える!”ニトスキ”も外せない!

1コインでスキレット鍋が買えると話題になったのが、「ニトスキ」と呼ばれる、ニトリのスキレット鍋でした。

価格は498円。500円の価格で買えるスキレット鍋です。

ニトリと言えば、インテリア用品で有名。ただ、食器やフライパン、鍋などの家庭用品も充実しています。その中で、ワンコインで買えるスキレットは、ハンバーグを盛るお皿、ステーキを盛るお皿としても購入者が多く、家でカフェ風メニュー、レストランメニューが楽しめると評判に。家族分購入しても高くないのも人気の秘密でした。

そして、ついに……

そして、ついに、ダイソーでも取扱いが開始されました。

100均の大手のダイソーでは、「鋳物シリーズ」として販売されています。

こんなにあった!ダイソーの「鋳物シリーズ」

ただ、ダイソー商品ではあるものの、100円ではありません。200~300円の価格帯です。

しかし、ニトリでは1コインでスキレット鍋が販売された時に「奇跡!」とまで言われ、売り切れが続出したので、200円、300円でも安い方です。グラタン皿、魚が焼ける鋳物のお皿、旅館で出てくるような1人用鍋もあり、ニトリよりもバリエーションも多いです。そのため、1種類といわず、何種類か揃えてみるのもいいかもしれません。家族分を買って揃えたりするのも可能です。

旅館で供される1人用鍋は、すき焼きや水炊きをする時にも使えそう。帰りの遅い旦那さんやパパ分の鍋としても使えそうです。

キャンプなどアウトドアにも使える♡楽しめる♡

料理を上手に見せてくれる鋳物シリーズ。ニトスキ愛用者の中には、「ハンバーグをスキレットで焼くとふっくらしておいしい」「ステーキもフライパンよりスキレット鍋の方が格段においしくなる!」といった声も。素材の味をいかしてくれるのが魅力です。

また、活躍させたいのが、キャンプなどのアウトドア。
鋳物シリーズは、取っ手部分まで鋳物。そのため、魚焼きグリルなどにそのまま入れて調理できたり、キャンプのコンロにそのまま乗せて調理できたりします。ダイソー商品は、他のスキレット鍋に比べて大きさも小さいです。キャンプ用品としてリュックの中に入れて持っていっても、そこまで重くなく、しかも調理時に活躍させることができるので便利そうですね。

こんな記事も読まれています