結婚一年目の贈り物は”紙”?意外と知らない結婚記念日の別名。

4,117 views

「1年目の結婚記念日には”紙”にまつわるものを贈る」・・・そんな習慣があること、ご存知でしたか?これは結婚式の別名に由来するものだそうです。ちゃんと意味もあるんですよ。人によってシーンは様々ですが、祝い方や贈り物、悩みますよね。ちょっと”粋”な演出のご参考に結婚記念日の別名について知ってみましょう。



結婚記念日のはじまり

19世紀のイギリスで毎年の結婚記念日を祝うようになったのが始まりとされています。5・15・25・50・60年目の5回のみを祝っていたようですが、それがその後アメリカに渡り「15年目までは毎年、それ以降は5年毎」という形になりました。
日本では明治27年に明治天皇が25年目を祝って大婚25年祝典を催したのが最初で、それに倣って一般にも広まっていったと言われています。

結婚記念日の別名、知っていますか?

欧米発祥のものなのでネーミングは基本的には英単語の和訳になります。(直訳ではなく、「日本式」の呼び名を載せているものもあります。)あなたが次に迎えるのは「”何”婚式」でしょうか。

1st(1年目)…Paper「紙」婚式
2nd(2年目)…Cotton「綿」婚式
3rd (3年目)…Leather「革」婚式
4th (4年目)…Flower「花」婚式
5th (5年目)…Wood「木」婚式
6th (6年目)…Iron「鉄」婚式
7th (7年目)…copper「赤銅」婚式
8th (8年目)…Bronze「青銅」婚式
9th (9年目)…Pottery「陶器」婚式
10th (10年目)…Aluminum 「アルミ」婚式
11th (11年目)…Steel「鉄」婚式
12th (12年目)…Silk「絹」婚式
13th (13年目)…Lace「レース」婚式
14th (14年目)…Ivory「象牙」婚式
15th (15年目)…Crystal「水晶」婚式
20th (20年目)…China「磁器」婚式
25th (25年目)…Silver「銀」婚式
30th (30年目)…Pearl「真珠」婚式
35th (30年目)…Coral「珊瑚」婚式
40th(40年目)…Ruby「紅玉」婚式
45th(45年目)…Sapphire「金緑」婚式
50th(50年目)…Gold「金」婚式
55th(55年目)…Emerald「翠玉」婚式
60th(60年目)…Diamond「黄金剛石」婚式
65th(65年目)…Blue Sapphire「星条灰玉」婚式
70th(70年目)…Platinum「白金」婚式
75th(75年目)…Diamond & Gold「金金剛石」婚式
80th(80年目)…Oak「樫」婚式
85th(85年目)…Wine「ワイン」婚式

欧米では85年目まであるんですね。日本では70年目までがオーソドックスなようです。

1年目は”紙”婚式

紙は破れやすく、「まっさら」です。毎日仲良く過ごしたいものですが、一緒に過ごすためにはケンカも必要な時ですよね。紙婚式には、夫婦として「白紙の状態から未来を夢見て1枚ずつページをめくっていく」、そんな意味と願いが込められているのだそうです。

結婚して1年目の記念日には、紙にまつわるものを贈ってみませんか。「どうしてこれを選んでくれたの?」と不思議がるパートナーの顔が見られるかもしれません。その時には意味も話してあげてください。きっと喜ばれることと思います。

15年目までは毎年、あとは5年毎

15年目の「水晶婚式」ですが、「水晶のように曇りのない透き通った信頼」という意味が込められています。この頃になると、夫婦としての絆もより強力なものになっているのでしょう。そのためもあってか、15年目の次は20年目、25年目と、5年おきのお祝いが待っています。磁器婚式や銀婚式には、かわいいお孫さんに祝ってもらえるご夫婦も多いようです。

結婚記念日は、言わば「その家庭がうまれた日」でもあります。毎年変わるであろうライフスタイルを考えながら家族の結束を誓うのも良いかもしれません。

ずっと仲よくいられるために・・・

「比翼連理」「夫婦共白髪」など、仲睦まじい夫婦を連想させる言葉は多いものですが、長い時間の中には苦しいことも多いと聞きます。結婚記念日はそんな夫婦の長い歴史の中でちょっとした「スパイス」となるのではないでしょうか。お祝いされてきっとお互い笑顔になりますよね。
仕事や家事で忙しい日が続くと忘れやすいものですが、イベントを大切にすることが円満の秘訣の一つのように感じます。

一年目の紙婚式のときに、金婚式までの簡単なメモを作るのもいいかもしれませんね。

こんな記事も読まれています