子連れロサンゼルスはテーマパークもビーチもダウンタウンも最高!

10,116 views

アメリカ … 子供にとっても優しい国です。とくに西海岸、とくにロサンゼルスは、太陽がサンサンと降り注ぐビーチに、ディズニーワールド、ユニバーサルスタジオと、子供が大喜びのテーマパークもたくさんあります。

さらには、新鮮なシーフード、そしてアメリカサイズのビーフとすべてが異文化体験で、小さな赤ちゃんからキッズまで楽しめる巨大メガロポリスですね。

ロスまでは航空券も比較的安い。2歳の誕生日までは、大人の3割程度(PEXという航空が社直販の割引券なら1割)ですから、赤ちゃんのときからぜひロスを楽しんでくださいね。

サンタモニカはゆったりした空気で歓迎

ロスに到着。入国審査は少し時間がかかりますが無事に空港から出れば、レンタカーあるいはシャトルバスでダウンタウンに。逸る(はやる)気持ちもわかりますが、プランニングは2日目以降にするとして、初日は、サンタモニカでゆったり過ごしましょう。そして連泊しましょう。
サンタモニカはずばり、ハリウッドのお膝元のまち。
町自体がテーマパークのようなつくりになっていて、歩くだけでも楽しいです。
近くにはビーチも。さすがに泳ぐことは夏でも風が強くて厳しいシーズンでしたが、海岸沿いにはシーフードのレストランがずらり。もちろん子連れ大歓迎でしたよ。
ホテルまでの移動は、夜遅くなったらタクシーで。治安を考えると、お金には替えられませんね。

ディズニーランド

ディズニーランド目当てで旅行するのもひとつです。
もちろん、ロサンゼルス国際空港・LAXから直接のバスに乗ったら、日本を発ったその日のうちに、ディズニーランドにつくことも可能ですよ。
ちょっと時差の関係で疲れているかもしれませんが、目いっぱいディズニーで弾けたい、元気なお子様向けです。機内では意外とお子さんは睡眠をしっかりと取って、時差ぼけにも順応・対応できているかもしれません。
宿泊は、オフィシャルホテル。事前に予約サイトからのブッキングが幾分か安い。それでも高いと感じるのは、最近の円安の影響でしょうね。
パークチケットは事前にWEBもしくは日本の代理店で購入できますし、LAXからの現地ツアーの予約もあります。LAXターミナルにも案内センターがありますよ。
パーク内には日本人、もしくは日本語を話すスタッフもいますし、公式WEBサイトも日本語の案内もあります。

http://disneyparks.disney.go.com/jp/disneyland/

ユニバーサルスタジオ

日本でも迫力ある施設で大人気のユニバーサルスタジオ。日本には大阪にUSJ,そして沖縄に計画されているUSO(?? … 嘘 と読めてしまう … 笑)。シンガポールのUSS(ユニバーサルスタジオシンガポール)は、英語がわからなくても日本以上に楽しかった思い出があります。
さて、本場ハリウッド、元祖ユニバーサルスタジオは、正式名も「ユニバーサルスタジオハリウッド」と変更されて、最新の映像使った施設や西部劇の迫力あるガンショットシーンなどなど。もちろんそれなりの料金はしますが、家族パスもあっておトクに前売り入場券が売られていますので要チェックです。
LAX・ロサンゼルス国際空港からの公共アクセスは非常に悪い! シャトルバスもいまだにないようです。レンタカーが一番ですよ。
敷地に隣接して大きなモールがありますし、米ホテルチェーン・ヒルトンとシェラトンが大きなホテルを設けています。
1日では物足りないので、小さなお子さん連れならぜひ2人。本場の西部劇のセットが印象に残りました。

http://www.universalstudioshollywood.com/getting-to-the-park/

La Brea Tar Pittsも、お子さんは勿論、ご両親にも興味深いと思います。コールタールの池から、マンモスの化石が出てきた所で、今でもタールの池があって、マンモスの模型があります。側まで行くと、タールの臭いがします。これは、ロサンゼルスのダウンタウンとサンタモニカの真ん中よりちょっとロサンゼルス寄りのところです。これは、もしレンタカーがなくても、サンタモニカからバス1本で行かれます。

サンタモニカには魅力がいっぱい ~ ESTAは必須

ロサンゼルスのダウンタウンは、やはりダークなイメージがあり、お手ごろなお土産や、スーパーマーケットなどは、サンタモニカでしょうか。
「超」高級住宅街も背後に控え、とびっきり安全な町として知られるほか、前述のビーチやフィッシャーマンズワーフ(魚市場)なども見所があります。
小さなお子さんには無料の遊園地サンタモニカ・ピアがあったりと楽しい施設がたくさんありますよ。
最後に、空港に行って飛行機に搭乗できなかったことがあります。それはESTA。電子ヴィザというか、事前の入国審査ですね。
主人のパスポートが、更新で新しいパスポートになったためESTAが未取得とのこと。空港のチェックインで照合の結果、チケットを買った時点では古いパスポートだったため問題なかったことで、空港ではじめて、わかったことでした。私はパスポートが有効だったため、その場で主人はESTAを申請し、3時間後くらいに承認されたとのこと。主人は追加料金(便の変更チャージ)を支払い、UA(ユナイテッド航空)の午後便で後追いしましたが、心細かったですね。
0歳からESTAは必要です。もともとはテロ対策で、無料取得ができましたが、いまはちゃっかり料金14USドル取られます。
↓ アメリカ大使館の該当URLです。
しっかりと読んで(日本語)自分で申請してくださいね。

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

こんな記事も読まれています