出産準備~衣類編・これだけあれば大丈夫!

767 views

これから生まれてくる赤ちゃんのために、あれこれとグッズをそろえるのはとても楽しいものです。でも、本当に必要なものでしょうか?無駄のないように筆者の体験をもとに紹介します。

短肌着

一番肌に触れる短肌着は4枚くらい用意しましょう。足りないのでは?と思われるかもしれませんが、成長がとても早い赤ちゃんもいます。沢山用意してもあまり着なかったと言うことであれば無駄になりますね。無駄を省く為にも、まずは4枚ほど用意して、足りなければその都度、揃えたほうが無難です。
袖が広く着せやすく、縫い目がごろつかないように外縫いしろや袋縫いのものを購入しましょう。

コンビ肌着・長肌着

新生児の赤ちゃんの基本スタイルは「短肌着の上に長肌着かコンビ肌着」です。そのため、コンビ肌着か長肌着を4枚ぐらい用意しておきましょう。
特徴としては、長肌着は股にスナップがついていないので、オムツがえが楽で、コンビ肌着は股をズボン状に出来るので足の動きが活発になってきてもはだけにくいですね。
ママの好みで選んでよいと思いますが、筆者はコンビ肌着の方が好きでしたね。

カバーオール

赤ちゃんの基本的な洋服です。
カバーオール、ツーウェイオール、プレオール、ロンパースなど、名称も様々です。
赤ちゃんの洋服はとりあえず2枚用意しましょう。季節によって素材も変わってきます。買いすぎて季節に合わなかったとか、あっという間に大きくなりすぎて着れなかったということもあります。
ベーシックなものを2枚用意し、生まれてから数枚買い足し、その都度用意した方が無難ですね。

靴下

靴下も2枚用意します。赤ちゃんは生まれてすぐに外出することはないのですが、1ヶ月健診には必ず外出しなくてはいけないので必要です。とりあえず2枚用意しておけば安心ですね。
サイズの一番小さなものを選びましょう。

帽子

帽子は赤ちゃんの頭にあったものを1つ用意しましょう。こちらも1ヶ月健診の時にあったほうが安心ですね。ねんねの時期はぺたんこになっているキャップスタイルがおススメです。
頭もあっという間に大きくなるので1つあれば十分です。

赤ちゃんの衣類はまずはこれだけあれば十分です。お祝いでいただいたりする場合もあるので、買いすぎにくれぐれも注意しましょう。

こんな記事も読まれています