自分にあった産院を選ぶコツ5選

1,070 views

お母さんと赤ちゃんの体を一番に考え、納得できる出産をする為には産院選びが重要です。産院の種類や、選ぶポイントに注意しながら、自分にあった産院を選びましょう。満足した出産が出来ることをお祈りしています。



産院の種類を知ろう

産院と一口に言っても規模によって種類が違います。
まずは産院の種類をご紹介します。
・大学病院/総合病院
産科以外の診療科目も充実しています。最新の医療を受けることが出来るので、リスクを抱えたままや赤ちゃんにも安心ですね。ただし、外来と分娩に立ち会う医師が異なることもあります。
・個人医院/個人病院
健診から分娩まで同じ医師が担当することが多いので、医師と信頼関係を築きやすいようです。入院中のサービスが充実している医院/病院が増えてきています。
・助産院
助産師が開業している施設で、家庭的な雰囲気が特徴です。ただし、出産できるのは、妊娠経過が順調で、リスクを抱えていないお母さんに限られます。

また、お母さんが希望する産院があったとしても、お母さんの状態や赤ちゃんの状態により、転院することもあります。

情報収集しよう

まずは近所にどんな産院があるのかチェックしましょう。そして、出産をした先輩お母さんの話を聞いたり、インターネットの口コミのサイトを検索してみるのも良いでしょう。病院選びのガイドブックもあるので活用してみるのも良いでしょう。
自分が希望する出産が出来るのか、自宅からの距離はどのくらいなのか、出産費用はどのくらいかかるのかなどチェックしてみましょう。

設備や医師との相性

情報を集めたら、ある程度候補をしぼり、産院に行ってみましょう。病棟の雰囲気や分娩室など、説明してくれるはずです。医師とは相性があるものです。先輩お母さんとは相性が合わなくても、自分にはぴったりと言う場合も、逆もあります。
実際に診察してみて、お医者様の対応、スタッフさんの対応の仕方をチェックしましょう。
質問にきちんと答えてくれるか、説明のしかたが分かりやすいかなどチェックすると良いでしょう。

出産方法や入院費用を確認

自分の希望する出産の仕方があると思います。たとえば、自然分娩の時の立ち会い、出産後のお世話の仕方、母乳育児をメインで出来るか、出産後は母子同室になるのか、などなどです。
お母さんや赤ちゃんの状態によってかなえられるものとかなえられないものがありますが、基本的な出産が出来る時の希望がかなえられるかチェックしましょう。
産院によってはバースプランを立ててくれるところもあります。自分の希望をまず病院に伝えてみましょう。
また、出産の方法や病室により分娩費用・入院費用が変わってきます。実際にどれくらいの費用になるのか、必ずチェックしましょう。

快適に過ごせるかをチェック

すごく新しくてゴージャスな産院も増えてきました。でも、その産院が自分に合うかどうかはまた違う話ですね。
助産師さんに凄腕のベテランさんがいて、きちんとケアしてくれるスタッフさんがいる産院はやはりとても安心です。
また病院内が清潔に保たれているかということも大切ですよね。
筆者は第一子と第二子、違う産院で出産しました。第一子を出産した産院も満足していましたが、希望する出産方法が出来なかったからです。初めは少し不安でしたが、第一子以上に情報収集を行いました。そのかいがあって、健診も快適でしたが、希望する出産方法は叶いませんでした。しかし、先生、助産師さんの対応は抜群でとても感動的な出産をすることが出来、入院生活もとても快適でした。
出産は何が起こるかわかりません。そのことを踏まえて、自分にあった産院をじっくり探しましょう。

こんな記事も読まれています