ステップファミリー 家族の絆を深め、更に幸せになるコツ!!一人で悩まないで。

6,757 views

「ステップファミリー」って知っていますか?

子供を持った男女の離婚・再婚によって生じてくる,血縁関係のない親子関係兄弟姉妹関係を内包して成立している家族。離婚率,再婚率ともにいまだ高い水準を示しているアメリカなど欧米社会で新しい家族の在り方として注目されている。

(コトバンク引用)

簡単に言うと、子連れ婚です。

 

近年ではストレスや悩みを抱えるケースが多く社会問題にもなっています。

日本では、4組に1組は再婚です。その為、ステップファミリーの抱える問題は他人ごとではなくなってきました。

(友人がそのような悩みを抱えているかもしれませんよ)

子供もいて離婚歴があるパートナー、すべてを受け入れて結婚するパートナー。結婚する前はお互いを大事に思い、尊敬し、これからの人生を共に歩きたいと願って結婚するにいたったのに、結婚後は相手の(自分の)子供の事、姑・舅、新しい家族を迎えるか・・・苦悩が多く後悔をしている家族もあるかもしれませんね。

まずは、自分とパートナーと子供にとって幸せな家族になりましょう。それをテーマにしました。少しでも苦悩を和らげられたらと思っています。



家族での会話を多く。

これはステップファミリーに関係なく、まずは家族の会話を多く持ってください。

例えば強制的に、食事の時間はTVを消して毎日お互いのあった事を話してみましょう。
毎日が難しいようだったら週1回・月1回してみて。
じっくり話し合ってお互いをよく知りましょう。(今日お互いのお昼ご飯何を食べたか分かりますか?)

ステップファミリーになり、一番複雑な心境でいるのは、子供です。
親達は、早く自分を親と認めて欲しい・パートナーを親と認めて欲しいと思っているはず。だとすれば、まずは子供気持ち=悩みを聞いてあげましょう。小さい事でもいいんです。聞いてあげて、真剣に答えてあげる。それを毎日繰り返してみて下さい。相手の事が更によく分かってくるはずです。

急いで親になろうとしなくていいんです。

子供の中に自分生活していない空白の時間があるからこそ、不安に思ってしまう事が沢山あります。知らない時間の事を聞かれると、胸が痛くなってはいませんか?

焦らなくていいんです。ゆっくり、ゆっくり家族になりましょう。
精一杯子供を愛してあげる。全力で子供を信じてあげる。
時間はかかるかもしれませんが、ちゃんと伝わりますよ。

当たり前ですが、夫婦って血のつながりがないですよね。子供だって血は繋がっていなくてもいいんじゃないかなって思ってます。その分、他のどの家族よりも、太くて強くて揺るぎる事のない心の絆を作っていけばいいと思います。

壁にぶつかった時

一人で悩まないで。 
パートナーに相談できない事ありますよね。かと言って他人には尚更言えない。

でも、パートナーに相談しましょう。
一番大切な基盤となる物は夫婦関係だと思います。
夫婦がギクシャクしていたり、隠し事をしていては、本当の家族になれませんよ。
喧嘩をしてお互い不安を言い合いましょう。
思いっきり泣いて、次の日には笑いあえるように。
夫婦は今後の生活を共に戦い抜く戦友なんですから。

更に夫婦の絆は深くなると思います。

ラブレターを書きましょう

ラブレターの相手は、パートナーと子供に。

・パートナーには愛の言葉や感謝の気持ちを書いてみては。

・子供には、あなたを愛している事、大切に思っている気持ちを綴ってみて。

少しお互い照れくさいかもしれないですね。
でも、言葉で伝える事も大事ですが、手紙で残した方が後々読み返してくれるからたまにはラブレターにしてみては。(言葉だとその内忘れてしまうから(笑))
ただ返事を期待してはダメですよ。

ラブレターがクリスマスプレゼントとかって素敵じゃないですか?
子供にとっても大切な宝物になるはずです。

最後に、周りの反応やインターネットなんてどうでもいい。

例えば職場の同僚や知り合いにステップファミリーである事を打ち明けたり、もしかしたら親戚からやインターネットで検索などすると、「問題が多い訳ありの家族だからね」「変わった家族だから」「問題を抱えるのは自業自得」・・・等と心無い事を言う方がいますが、気にしないで。

人は人で。自分は自分。

家族の幸せの在り方は100人いれば100通りあるとおもいます。自分たちが幸せならそれでいいじゃないですか。
例えば新しい家族を迎えるかどうかなんて、自分たちが話し合って納得したのなら例え子供が大きくなっていても、良いと思いますよ。
周りの反応ばかり気にせず「揺るぎない強い心」「家族を信じる心」をずっと持っていてくださいね。

あなたが崩れてしまったら、終わってしまうかもしれない。
あなたにとって、世界中で本当に頼れる人は、パートナーとお子さんだけなのですから。

何かの糧になれたらうれしいです。読んでくれた方が、更に幸せになりますように。

こんな記事も読まれています