子供とぜひ出かけたい関西の体験型ミュージアム5選

2,560 views

いつもとは違ったお出かけ。カップヌードルに万華鏡、なりきり体験と楽しい施設が関西にはたくさんあります。屋内施設での体験ですから、天気に左右されず、とくに寒い冬や暑い夏にはおススメですね。スタッフも親切ですから、子供さんの年齢に合せてさまざま体験ができますし、夏休みの工作・自由研究のアイデアにもよいかもしれません。ぜひお子さんの好奇心をくすぐる、体験型ミュージアムを試してみてください。

インスタントラーメン発明記念館

日清食品のチキンラーメンやカップヌードル。子供たちは大好きですね。
世界で初めて、湯があれば食べられるラーメンを発明したのが、日清食品の安藤百福(ももふく)さん。その発明のために試行錯誤した工房(小屋)が再現されていますよ。
目玉は、チキンラーメンを、粉から手作りできるイベント。毎日3~4回。電話かWEBで事前予約が必要ですが、運よく当日キャンセルがあると、臨時で募集していることもありますよ。
ひよこちゃんのバンダナをかぶって、粉をこねて、油で揚げる(揚げる作業はスタッフ)。とても楽しい1時間半ですよ。
予約が要らない、カップヌードルづくりも体験できます。好きな具、スープを選んで、世界で1個だけのカップヌードルを作ってみましょう。
発明家・安藤のひらめきなども学ぶことができる楽しい施設です。
駐車場は少ないので、阪急電車・池田駅からの徒歩が便利。
入館無料、体験有料。

http://www.instantramen-museum.jp/

京都万華鏡ミュージアム

次は、京都の町のど真ん中、万華鏡ミュージアム。たくさんの万華鏡が展示されていて、手で触ってのぞける楽しい美術館ですが、ここも手作りできる教室・ワークショップが開かれています。
普通のきれいな色の破片を入れてつくるタイプは税込520円から可能です。入館料が別途必要ですが、比較的安価ですよ。
万華鏡の一番の楽しさは、柄が変わっていくこと。筒の中に張られた鏡に、それぞれが反射して柄ができるのですが、何色を入れるときれいにできるのか… そんなことを想像しながら製作する楽しみがありますね。
そして、理科の鏡の原理の応用なので、勉強にも興味がわくきっかけになるといいです。
京都の町の真ん中にあり、近くには、元龍池小学校を利用した京都マンガミュージアムもあるので、休日のお出かけで、文化を味わって体験するのもいいですね。

http://k-kaleido.org/

森野サンプル

ファミレスや喫茶店、中華料理屋のショーウィンドウにある食品サンプル。とてもきれいで、おいしそうな色の見本が並んでいて、食欲をそそられますね。
とくに天ぷらやパフェのサンプルは本当に芸術作品。そんな食品サンプルですが、どのように出来上がっているのか … ほとんどが手作りだと知って、私も本当にビックリでした。
関西では、こちらの森野サンプルさんが有名で、学校のお友達のお母さんに誘われて、わが家の長女と私と、予約を入れて出かけてきました。
作り方は体験してのお楽しみですのでここでは控えますが、職人さんも本当に親切でしたし、お値段以上の満足感がありました。
アクセスもJR関西本線(大和路線)平野駅から歩いて10分と抜群。アクセサリーの通販などもありますから、WEBサイトを見るだけでも楽しいですよ。

http://morino-sample.jp/

西陣織会館 ~ 京都の伝統産業を職人に教えてもらおう

京都の伝統工芸、西陣織。西陣織の振興・普及を目指して建設された西陣織会館では、本格的な正絹(しょうけん)を使った手機(てばた)の体験ができます。
京都観光のお土産として、観光客や修学旅行生向けの体験ですが、機械ががっちゃがっちゃと動く様子は、大人が見ていても楽しい。とくに小学校のお子さんにぴったりだと思います。
優しい職人さんが、丁寧に教えてくれますし、時間も1時間ほど。テーブルクロスの体験がぴったりですが、本格的なショールを織ることもできますよ。
こつをつかむと本当に楽しい。編み物好きなお嬢さんなら、「もう1つしたい」とねだられるかもしれません。
お値段も、本格的な割には半分公共施設ですので高くないと思います。わざわざ出向きたくなる施設です。

http://www.nishijinori.jp/

キッザニア甲子園 ~ ママパパと離れて、なりきり体験

ミュージアムではありませんし、民間施設ですのでそれなりのお値段がかかりますが、関西にある子連れ体験スポットNO1は、こちらのキッザニア甲子園。キッザニアはメキシコ生まれの屋内アミューズメントで、東京のほか、アジアではタイランド・バンコクにもあります。
ここ、キッザニア甲子園は、今年(2015年)で開設6年。徐々にプログラム(アクティビティと呼びます)も増えて、娘たちは、おすし屋さんにピザ屋、せっけん工場に病院などがお気に入りです。
子供だけの体験で、パパママは、ガラス越しでしか見ることができません。というよりも、親とはなれて、職業体験で自信をつけたり、お仕事の面白さを感じることが目的ですので、親と離れ離れが目的のようです。
要予約で、事前にチケット購入が必要ですが、結構お値段張ります。小さなお子さんなら、夕方からのチケットで十分かもしれませんね。
人気のアクティビティは、当日朝早くからの整理券のゲットが必要だったりと、それなりの攻略対策が必要ですが、最初は、楽しみながら、ぐるりと一周して、並ばずに、なおかつお子さんの関心にあわせていろいろ試してみるのも楽しいですよ。
お仕事をすると「賃金」(キッゾといいます)がもらえて、それでご飯を食べたりできますから、充実した1日になることでしょう。

http://www.kidzania.jp/koshien/

こんな記事も読まれています