妊娠9ヶ月目(32~35週)の体の状態とは?

1,437 views

お産の基礎知識は頭に入っていますか?本番は、自分の思い描くようなお産になるとは限りませんが、両親(母親)学級やプレママセミナーなどで情報を得ておくのも大事ですね。

マタニティーライフも終わりに近づく妊娠9ヶ月目のお母さんと赤ちゃんの様子をご紹介します?

妊娠9ヶ月のお母さんは?

子宮はみぞおちのあたりまで上がるため、胃が押し上げられて、つわりのような胃のムカムカを再び感じる人もいます。心臓や肺も圧迫されて、動機や息切れといった症状が目立ったり、膀胱も圧迫するので、頻尿や尿漏れの症状が強くなります。
お腹はさらに大きくなり、足の負担が一層強くなります。足の付け根が痛んだり、つったりすることもありますよ。ますます足元が見えなくなるので、気をつけましょう。
浮腫みやすくなり、おなかの張る回数も増えるので、疲れたら無理をせず横になり休みましょう。

もし里帰り出産をするなら

里帰り出産をする場合は34週までには、実家に戻り、出産する病院へ移動しましょう。実家先では、「赤ちゃんの分も」と沢山お料理を出されることもあると思いますが、太りやすい時期ですので、普段の食事量になるように心がけてください。

赤ちゃんの大きさは?

妊娠35週の赤ちゃんの大きさは、身長が約47cm、体重が約2500gです。皮下脂肪が増えて、体がふっくらし、顔のしわも消えてきます。外見的には新生児とほとんど変わりません。

赤ちゃんの様子は?

肺の機能も完成し、体外の生活も可能になってきますが、体温調節などはまだ未熟なので、もう少しだけ、お母さんのおなかで成長する必要があります。
全身の産毛が消え、全身がピンク色です。しゃっくりが増えて、お母さんは「またしゃっくりしてる」と気がつくことが増えるでしょう。
いつ生まれてきてもおかしくない時期になってきます。
診察券や保険証は持ち歩くようにしましょう。

気をつけること!

初めてのお産の場合、分からない事だらけで緊張すると思いますが、体に余計な力が入ってしまうと、赤ちゃんも苦しくなります。安産の為の必要な知識を得て、リラックスしてお産に臨みましょう。
赤ちゃんの名前は考えていますか?
生まれてくる赤ちゃんの生活をシュミレーションして、パートナーと話し合うのも良いですね。幸せな気持ちはきっと赤ちゃんにも伝わっているはずですよ。

こんな記事も読まれています



シェア