妊娠8ヶ月目(28~31週)の体の状態とは?

1,583 views

いよいよ妊娠後期です。出産を少しずつ意識し始める時期ですよね。

でもまだまだ、赤ちゃんにとっては大切な時期です。

妊娠8ヶ月目のお母さんと赤ちゃんの様子をご紹介します。

妊娠8ヶ月のお母さんは?

子宮はおへそとみぞおちの間くらいまでに達し、お腹はますますせり出します。足元が見えなくなるので、階段や踏み台などは注意しましょう。
手足が浮腫みやすくなりますが、夕方むくみ、翌朝引いているようなら、あまり心配は要りません。終日浮腫んでいたり、横になったあとでも浮腫んで入るようでしたら、受診して相談しましょう。
お腹が張る回数が増えてきます。暫く休むと落ち着くようでしたら問題ありません。

太りすぎに注意

体が思うように動かず、マイナートラブルも増えてストレスが溜まりがちになってきます。体重はどんどん増えやすくなってくるので、ごろごろしながらお菓子の食べすぎは注意しましょう。
妊娠後期の体重の増え方は本当に激しいです。

赤ちゃんの大きさは?

妊娠31週の赤ちゃんの大きさは、身長が約43cm、体重が約1800gです。少し胎動が減る場合もありますが、検診で問題なければ気にしなくても大丈夫です。その代わり、胎動はどんどん激しくなり、痛みを感じることもありますよ。
かなり大きくなってきましたが、まだまだお腹の中での成長が必要です。
お母さんは無理しないようにしましょう。

赤ちゃんの様子は?

心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能もかなり充実してきます。心臓を超音波で見てみると、右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋を確認できます。肺では誕生の準備を始めます。臍帯を通して呼吸しているので、肺はまだ閉じていますが、超音波で見ると、羊水を飲み込むたびに、横隔膜が動き、呼吸の練習をしています。

気をつけること!

無理は禁物ですが、家事などは積極的に行うようにしましょう。
ひざまづいて雑巾がけをしたり、あぐらをかいて、ストレッチしながら洗濯物をたたんだり、股関節を柔らかくするようにつとめましょう。
だからといって、重いものを持つのはひかえましょうね。
のぼせやすいので、疲れたと思ったら適度に休みましょう。
コミュニケーションをとりましょう。子宮の一番たかいところを手で触って見ましょう。丸いのがおしり、そのまま横腹から下のほうへ手を移動させ、ぼこぼこしているのが背中、さらに下腹部を探ると、コロンと丸いものがあります。これが、頭。お腹の上から赤ちゃんをなでなでしてみてはいかがですか?

こんな記事も読まれています



シェア