妊娠6ヶ月目(20~23週)の体の状態とは?

1,897 views

マタニティーライフも半分を過ぎました。

おなかもどんどん大きくなり、丸いおなかを見るたびに愛おしさが増してくる頃ですよね。

生活にもだいぶ慣れてきた、妊娠6ヶ月目のお母さんと赤ちゃんの様子をご紹介します。

妊娠6ヶ月のお母さんは?

子宮は大人の頭よりも一回り大きくなり、子宮底がおへその高さまで達します。おなかが前にせり出してくるので、体の重心がずれ、腰や背中に負担がかかる為、痛みを感じることもあります。また、重心のずれやおなかの重みで、ふくらはぎの筋肉が疲労して、足がつったりすることもあります。つってしまった足の親指を持ち、おなか側に引っ張り痛みを和らげましょう。
子宮が大きくなり内臓を押し上げるので、胃もたれするお母さんもいらっしゃるでしょう。

負担のない服装や靴

思ったよりもお腹が大きくなってきて、ぶつけてしまうこともあるので注意しましょう。また、転んだりしないように、ヒールの低い靴を利用しましょう。
また、締め付けの強い洋服や下着は、血圧があがる可能性があります。
マタニティーウエアや下着を使ったり、楽な格好を心がけましょう。

赤ちゃんの大きさは?

妊娠23週の赤ちゃんの大きさは、身長約30cm、体重約700gです。超音波の検査ではもう全身が画面に映らなくなってきましたよ。羊水の中を元気にぐるぐる動いています。

赤ちゃんの様子は?

上下まぶたが離れて顔立ちがはっきりと整ってきます。超音波写真を見て、お父さん似かお母さん似か分かってくるほどですよ。
男女の性別が分かるようになってきます。
聴覚が発達を始めるので、羊水や血液の音を聞いたりしているようです。
また、妊娠23週目以降は、仮に早産になっても、生き延びる可能性が高いようです。でも、だからといって無理は禁物。赤ちゃんの成長に一番適しているのはやっぱりお母さんのお腹です。

気をつけること

足元が見えにくくなってきているので、階段、踏み台などは注意しましょう。また、重い物を持つのも避けましょう。
大きなお腹で動くのは体力が入ることです。疲れたなあと思ったら、ゆっくり休みましょう。
お母さんが気持ちよくストレスなく過ごすことが、必ず赤ちゃんにも伝わっています。少しくらいのわがままは目をつむってもらいましょう。

こんな記事も読まれています



シェア