おむつなし育児って何?メリットとやり方

1,570 views

『おむつなし育児』という言葉を聞いたことはありますか?

なるべく赤ちゃんにおむつの外で排泄をさせる育児のことです。

おむつを完全に使わないわけではないので、トイレトレーニングとはまた少し違います。

おむつなし育児にはメリットがたくさんあるんですよ。

おむつなし育児の基礎知識をご紹介しますので、挑戦してみませんか?



おむつなし育児とは

おむつなし育児は、『なるべくおむつをつけないで排泄させる育児』のこと。
なるべくというのがポイントで、基本的にはおむつをつけて生活をさせます。
赤ちゃんをよく観察して『排泄しそうだな』というタイミングでおむつを外し、おまるなどに排泄させるのがおむつなし育児の基本です。
新生児の頃から始めることができます。

毎回必ずおむつの外で排泄させなければならない…ということはないので、気楽にチャレンジできます。
日本ではあまりメジャーではありませんが、一般的に行われている国もあるようです。

おむつなし育児のメリット

おむつなし育児の最大のメリットは、赤ちゃんとコミュニケーションがとれるということです。
排泄の前兆をつかむために、ママは赤ちゃんをじっくり観察するようになります。
そして出そうだな…と思ったらおむつを外し、赤ちゃんに声掛けをして排泄をうながします。
上手にできると、ママも赤ちゃんもとっても嬉しいんです!

おむつが汚れないので消費量が減り、おむつ代の節約にもなります。
また、濡れたおむつをはきっぱなしになることがないので、おむつかぶれもしにくくなります。
おむつなし育児はトイレトレーニングではないのですが、おむつが外れるのが早くなる傾向もあるようです。

おむつなし育児のやり方

まずは赤ちゃん用のおまるを用意しましょう。
最初は100円ショップの洗面器などでもいいと思います。

まず、赤ちゃんの寝起きにおむつを外しておまるに座らせてみましょう。
起きた直後は成功する確率が高いです。
『ここでちーしようね』など、やさしく声かけをして排泄を促してみてください。
できなくても大丈夫。
長時間粘らず、ある程度やって出ないなと思ったらおむつをつけてしまいましょう。

慣れてきたら、寝起き以外でも排泄のタイミングを見計らって挑戦してみましょう。
繰り返し挑戦しているうちに、どんどん成功率が上がってきますよ。

おむつなし育児のためのおまる

おむつなし育児用のおまるも販売されています。
リッチェルの『プチポッティ』は新生児から使えるおまるです。

2種類の使い方ができるようになっており、おすわりができないうちはポットおまる、おすわりができるようになったらイス型おまるとして使えます。
新生児から24ヶ月まで長く使えるのが嬉しいですね。
コンパクトサイズで片手で楽に持ち運びができますよ。

おすすめ書籍

おむつなし育児に興味を持ったら、書籍でもっと学んでみましょう。

おすすめは『五感を育てるおむつなし育児』です。
情報盛りだくさんですが読みやすく、すいすい読み進められます。
写真がたくさんあるので、視覚的に理解ができます。
コラムも面白いですよ。

慣れるまではちょっぴり大変ですが、慣れたらママも赤ちゃんも嬉しいおむつなし育児。
まずは気軽な気持ちで挑戦してみてくださいね。

こんな記事も読まれています