千葉県のフィールドアスレチック5選。子供と出かけよう!親子で挑戦!

2,295 views

天気が良くて体力に余裕のある休日は、スポーツをして体を動かしたいですね。

子供の健康のためにも、定期的に運動する習慣を持つことは、大切です。

動きやすい服装に運動靴をはいて、着替えを持って、アスレチックに出かけてみませんか。



清水公園

清水公園は、常磐自動車道流山インター から12kmの野田市清水にあります。

清水公園のアスレチックは、運動靴限定のかなりハードで、本格的なものです。
全部で100ポイントのアスレチックがあり、体力のある小中学生でも全部をクリアーするのは大変です。
とくに水上コースは油断すると、水没してしまうのでご用心!
幼児は禁止のコースもあるので、パパの勇姿をママと子供で応援するというのも良いかもしれません。

料金は、大人850円・中学生700円・小学生600円・幼児100円・シルバー400円です。

http://www.shimizu-kouen.com/

草ぶえの丘

「草笛の丘」は東関道佐倉インターから車で約25分の佐倉市飯野にある、公共の公園です
ミニ鉄道・ログハウスなどたくさんの施設に混じって、アスレチックがあります。

おなかがすいたら、「農園食堂」に行って、地元でとれた野菜を使ったカレー(650円)で腹ごしらえ。
農業体験・陶芸体験・クラフト体験をして、ポニーやヤギと触れ合ったり、世界バラ会議で優良庭園賞を受賞したバラ園にうっとりしたり。
1日たっぷり遊んだら、帰りに「草ぶえの丘直売所」で、地元の新鮮野菜を買ってお土産にできます。

入園料は、幼児無料、小中学生100円、大人410円、駐車場・アスレチックは無料です。

http://www.kusabue.shiteikanri-sakura.jp/

運動の森自然公園

成田市前林にある「運動の森自然公園」の森の中に、「成田エアポートコース」というアスレチックがあります。

「しまうまのあしならし」からスタートして、「コンドルのアンデスごえ」、「りすの宇宙旅行」などをクリアーして、「カンガルーのせのばし」でゴール。
全長1.6kmのコースに40個のチェックポイントがあります。

入園料は、大人850円・中高生750円・小学生650円・幼児550円、駐車場は無料です。
4歳未満は、アスレチックはできません。

http://www.undounomori.com/

樹の上の冒険王国 ターザニア

「ターザニア」は、長生郡長柄町にある「生命の森リゾート」内にあります。
専用のハーネス(安全ベルト)をつけて、木から木へ飛び移るという、フランス生まれのワイルドな森林冒険が堪能できます。

中でも「ロングジップスライド」は、テレビや新聞でも紹介された日本最長のジップラインで、445mもあります。
利用するには、1500円と身長140cm以上が必要ですが、空を飛ぶような感覚を味わうことができます。

一番制限のゆるいキャノピーコースの場合、身長110cm以上の小学生から利用可能です。
小学1~2年生は5人に1人以上の大人が一緒にプレーしなくてはいけない、など安全上のきまりがあります。
利用料金は2100円で、1周1時間くらいで回れるそうです。

子供が大きくなったら、親子で参加して、木の上で会話なんてできたら嬉しいですね。

http://www.tarzania.jp/index.html

手賀の丘公園

「手賀の丘公園」は、柏市の運営する公園ですが、ここにもフィールドアスレチックがあります。
本格的なアスレチックは、料金もそれなりで、服装や年齢・健康状態にも気を使います。
でもこちらは使用料・駐車料金が一切かかりません。
幼児でも楽しめる初心者コースなので、アスレチックデビューにはもってこいです。

無料ながら、15ポイントのアスレチックがあって、気軽に楽しむことができます。
恐竜すべり台や芝生広場などもあるので、アスレチックで遊べない小さな子供も満足できると思います。

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/110900/p002529.html

こんな記事も読まれています