海外の赤ちゃんのためのお守り5選

3,345 views

赤ちゃんがすくすく元気に育ちますように…。

そんな願いを込めて、赤ちゃんのためにお守りを購入する方は多いのではないでしょうか。

海外にも、赤ちゃんのためのお守りはたくさんあります。

しかも、とっても可愛いものが多いんですよ♪

日本でも買えるものが多いので、ぜひチェックしてみてください。



白樺のベビーシューズ

ロシアでは、白樺で作られたベビーシューズがお守りとされています。
元気な赤ちゃんが授かりますように、赤ちゃんが元気に育ちますように…という願いが込められています。
歩き始めた赤ちゃんにもぴったりのお守りですね。
また、安全旅行祈願として、旅行に行く人にも贈られることがあるようです。

ひとつひとつ手作りされた素朴なベビーシューズは、とっても愛らしいですね。

ドリームキャッチャー

アメリカの先住民が古くからお守りとして使用してきたドリームキャッチャー。
鳥の羽やパワーストーンなどを使って作られており、日本でもアクセサリーやインテリアとして人気です。

このドリームキャッチャーは、悪夢を追い払ってくれるお守りと言われています。
そのため、赤ちゃんの枕元に飾ったりベビーベッドにかけておくと、赤ちゃんを悪夢から守れるんですね。
いい夢を見せてくれることで、子どもの幸せな未来を願うといった希望も含まれているんだそうです。

材料さえあれば、比較的簡単に手作りすることもできますよ。

テディベア

欧米では、赤ちゃんが生まれると出産祝いにテディベアを贈る風習があります。
そのテディベアはファーストベアと呼ばれ、赤ちゃんの最初のお友達になるんだそうです。

お守りとは少し違いますが、赤ちゃんの健やかな成長を願って贈られるテディベア。
一生のお友達となり、精神的な支えになってくれるテディベアをぜひ赤ちゃんに贈りたいですね。

テディベアのトップブランド・シュタイフでは、ベビー向けのテディベアも販売していますよ。

コムセクレ

ノルウェーには、北欧の少数民族サーミ人がデザインしたコムセクレというお守りがあります。
球状でころんと可愛いアクセサリーです。

このコムセクレは、人間の赤ちゃんが妖精や妖怪の子と取り替えられてしまわないよう、赤ちゃんのゆりかごにかけて魔よけとして飾られていました。
赤ちゃんに降りかかる災いから赤ちゃんを守ってくれるアイテムなんですね。

コムセクレは、ノルウェーのカウトケイノかベルゲンでしか手に入れることができないようです。
訪れたらぜひ買いたいアイテムですね。

馬蹄のチャーム

イタリアでは、幸運をもたらしてくれるとして馬蹄のチャームが人気です。
U字型の開いた部分から幸せが舞い込んできて蓄積される、というジンクスがあるようです。

その馬蹄と、別のチャームを組み合わせたアイテムがお守りとして大人気!
たとえば哺乳瓶のチャームなら、赤ちゃんがすくすく育ちますように。
ベビーカーなら、幸運な人生を歩めますように。
おしゃぶりなら、赤ちゃんの知能発達のお守りに。

職人さんがひとつひとつ手作りしているため、まったく同じもののない世界にたった一つのアクセサリーに仕上がります。
ひとつは持っていたいアイテムですね。

こんな記事も読まれています