ベビーサインで赤ちゃんと『おはなし』しよう!

2,368 views

『ベビーサイン』という言葉を聞いたことはありませんか?

育児をしていると、意思疎通ができなくてママも赤ちゃんもイライラしてしまうことがありますよね。

でもベビーサインを覚えれば、赤ちゃんとコミュニケーションが取れるようになりますよ♪

では、ベビーサインがどんなものなのか、具体的にご説明します。



ベビーサインとは

ベビーサインとは、まだ言葉を話せない赤ちゃんと身振り・手振りでお話しすることです。
1990年代にアメリカで始まり、2000年以降日本でも急速に広まっています。

個人差はありますが、子どもが意味のある言葉を話せるようになるのは1歳すぎ。
2歳でやっと2語文になるくらいです。
ですが、ベビーサインなら、1歳になる前の子でもママと意思疎通をはかることができます。

ベビーサインのメリット

ベビーサインのメリットは、何と言っても育児ストレスが減ること!
赤ちゃんが泣いている時、『どうして泣いているの!?』と困ってしまうことがありますよね。
でもベビーサインで赤ちゃんが要求を伝えてくれれば、ママもすんなり応えてあげられます。
泣き喚かなくていいので、赤ちゃんにとっても嬉しいですよね。

それに、親子の絆も深まります。
コミュニケーションが上手に取れるようになるので、親子でのふれあいがより一層楽しくなりますよ。

また、ベビーサインを覚えた子は言葉を早く話せるようになる傾向もあるようです。

ベビーサインの教え方

ベビーサインを赤ちゃんに教えるのは、意外と簡単。
特定の言葉に対するジェスチャーを決めて、その言葉を言うたびにジェスチャーをつけるだけです。
わざわざ教えるための時間を設けたりしなくていいので、忙しいママでも簡単に取り入れることができます。

親子間で通じれば、サインはどんなものでもOKです。
たとえばあくびするふりを『ねんね』、両手の人差し指をつんつん合わせるのを『痛い』など、なるべく簡単なサインにしてみましょう。

いつからできるの?

個人差はありますが、だいたい生後6ヶ月~1歳半がベビーサインを教え始めるのに適した時期とされています。
お座りができるようになって、指差しを始めた頃から教えることができます。

また、ベビーサインは言葉としぐさを繰り返しセットにすることで覚えていくもの。
赤ちゃんがすぐに覚えなくても慌てないでくださいね。
気長に続けていれば、きっと覚えてくれますよ。

おすすめのベビーサイン関連書籍

ベビーサインを教えてくれる教室は全国にあります。
ですが教室に通う暇がなかったり、お試しでちょっとだけやってみたいなーという方は本を購入してみましょう。

吉中みちる先生の『今すぐできる かんたんベビーサイン』がおすすめです。
ベビーサインが139語も収録されています。
可愛いイラスト入りで、楽しくベビーサインを覚えられますよ。

こんな記事も読まれています