もうイライラしない!彼との関係は女性ホルモンがカギ

1,501 views

大好きな彼と一緒に過ごす楽しいはずの時間。

些細なことにイライラして、彼と大喧嘩っていうことありませんか?

もしかしたら、あなたの女性ホルモンが乱れているのかもしれません。

女性ホルモンが乱れると…イライラ、疲れやすい、生理不順、ほてり、髪にツヤがなくなったり、吹き出物ができやすくなる人もいます。

せっかくの楽しい時間、笑顔で過ごしませんか?



女性ホルモンって何?

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類あることをご存知でしょうか?
月経から排卵日あたりまではエストロゲンが優位に働き、排卵日を過ぎたころから徐々に減っていきます。そして、入れ替わるように今度はプロゲステロンの働きが優位になっていきます。
エストロゲンには肌を美しくする作用があるので、エストロゲンの分泌を高めるための情報ばかりが目につきます。しかし、片方のホルモンを過剰に増やしても、かえってホルモンバランスを崩すだけです。
大事なことは、この2つのホルモンを過不足なく整えること。そうすることで、女性の体は美しく保たれるのです。

食事を見直す

忙しくて時間のない女性ほど、食事を簡単にすませている傾向にあります。なるべく手作りにするのがいいのですが、できない場合は食事の内容に気をつけるだけで体は変わってくるはずです。
魚や肉、卵などのタンパク質は必ず摂り、併せて野菜もたくさん摂るようにします。
コンビニでも焼き魚も売っていますし、温かい具だくさんの野菜スープもあります。
「これさえ食べれば良い」という食材はありません。なるべく多くの種類のものを食べるようにしましょう。

軽い運動をする

「そんな時間はない」という声が聞こえてきそうですが、ここで言う軽い運動とはウォーキング程度のものです。
そんな時間さえないという方は、通勤時のエスカレーターを階段にするだけでもいいのです。
少し早く仕事が終わった日は、歩きやすい靴に履き替えて一駅歩くのも運動になります。
仕事でぐったり疲れてしまったときほど体を動かすとリフレッシュでき、逆にスッキリします。
少し大股で速めのウォーキングを続けると、くびれもできて下半身も引き締まってくるのでおすすめです。
筋肉量が増えるので体も温まります。

ストレスを減らす

そもそも、ホルモンバランスを崩してしまう原因がストレスにある女性は多いのではないでしょうか。
ストレスを受けると血管が収縮し、血流が悪くなります。その結果、ホルモンバランスが崩れると更にイライラしてしまう…。そうなると負のスパイラルです。
仕事中にイラっとしてしまったら少し席をはずしたり、甘いものを少しだけ食べるのもいいでしょう。
家に帰ったら好きなDVDを見たり、アロマを焚くのも癒されると思います。
ストレスは放っておいたら溜まる一方ですので、少しでも減らす努力をしましょう。

体を温める

体を温めると、血流がよくなります。
女性ホルモンは卵巣から分泌されているので、全身の血流がよくなると卵巣にも血液が多く運ばれるようになり、卵巣が元気になります。そうすると、ホルモンが正常に分泌されるようになります。
夏でも湯船につかったり、服装に気をつけるなど、冷やさないことを心掛けてくださいね。

こんな記事も読まれています