秋冬生まれベビーに用意したい衣類5選

1,212 views

暑い中大きなお腹をかかえて頑張っているママ、お疲れさまです!

もうすぐ可愛い赤ちゃんに会えますね。

そろそろベビー用品をきちんと用意したい頃。どんなものがいいかな?秋冬にピッタリな衣類をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね☆

短肌着・長肌着

まだ暑さの残った秋生まれの赤ちゃんは短肌着だけで過ごすこともあるかもしれません。
少しずつ寒くなってくる時期には、短肌着と長肌着を重ねて着せるなどすると調節しやすいでしょう。
我が子は冬生まれだったので、短肌着はほとんど使わず、長肌着とカバーオールで調節していました。
秋冬は洗濯物が乾きにくいので、洗い替えに4枚ほど用意しておくと安心です。

コンビ肌着

長肌着は足の部分がスカスカしていて浴衣のようになっていますが、コンビ肌着は足がバタバタ動いてもはだけないようにスナップやボタンで留められるようになっています。
肌着なので下着ですが、室内で過ごす時は短肌着とコンビ肌着だけでもいいぐらい可愛いデザインの物が多いですよ。
こちらも3~4枚用意しておくと安心です。

カバーオール

室内でも外出でもOKな洋服です。
かわいいデザインが男女ともにたくさん販売されているので、買うのも着せるのも楽しいですよ☆
たくさん買いたくなりますが、こちらは2~3枚にして成長具合や着せやすさで後々追加購入するのでも十分間に合います。

ベスト

体温調節するのにとっても便利で使えます!
肌着だけじゃ寒そうだけど、カバーオールは暑いかな?という微妙な気温の時に便利です。
すぐに脱ぎ着させやすいのもおすすめです。
とくに秋から冬の始まりの11月頃、冬から春に入る3~4月頃にピッタリで、2月生まれの我が子は春先によく使いました。
肌着の上に着せるので、毎回洗わなくても大丈夫であれば1~2枚用意しておいて、使いやすさをみてからまた購入してもいいですね。

ぼうし

1ヶ月を過ぎて外出が多くなってくると、寒さ対策が必要になります。
体は抱っこされていたり、おくるみにくるまれていたりして温かいですが、頭も出来れば温めてあげたいですね。
赤ちゃんは体温が高いですが、まだ体温調節がうまく出来ないので、あまりにも分厚い帽子は不必要ですが薄い帽子は必要です。
柔らかい頭の保護にもなっておすすめですよ。
こちらは洗い替えに2枚ほど欲しいところですが、頭のサイズはそれぞれ違い、成長スピードも差があるのでまずは1枚用意していればいいでしょう。

うまれて半年程は母親から貰った免疫があるので寒さ対策に神経質になる必要はありません。
たくさん着せて厚着させるよりも、体調を見ながら少し薄着からはじめてみてくださいね☆

 

こんな記事も読まれています