幸せな結婚生活を長く保たせるための5つの秘訣

2,831 views

幸せな結婚生活を保たせる5つの点は

・敬意を示すこと

・一番の親友で居る事

・許しあう事

・自分がして欲しい事をする

・自分を大切にする

と言う点です。この5つをお互いがすることにより、良い夫婦関係を長く続かせるものになります。



敬意

敬意とは相手に対して、感謝や尊敬を表明することです。日頃から感謝を伝える事、当たり前だと思いがちな家事や育児、仕事などに感謝を示したり、話し方や態度にも敬意を示すことが出来ます。
夫は敬意を示されたいと思うものです。敬意を示されなければ、“お金だけ持ってくるだけ”、“愛する家族の為に一生懸命働いているのに蔑にされている”など、消極的な思考になってしまいます。
また妻は、夫から愛を感じ大切にしてもらっていると感じたいものです。愛を感じられなかったら、“これじゃあ家政婦じゃない”、“私はあなたにとってどんな存在なの”と消極的な思考になってしまいます。
「いつも私たちの為に働いてくれてありがとう」だったり、「いつも家を清潔に保ってくれてありがとう」など言葉にして感謝を伝えるなら、お互いに相手に関心を持ってることも伝わります。

一番の親友

夫婦は特別なもの。一番身近にいる親友です。親友にはどう接しますか?サプライズで何かをしてあげたり何かをあげたり、何でも相談したり、共通の話題で盛り上がったり、正直でありたいと思いますよね?
配偶者には親友の様に固い絆でずっと、お互いにとって一番の友で居て下さい。

許しあう

「許す」とは、気にしないと言う意味があります。完璧な人間はいません。誰でも失敗はします。故意でされたのではないのなら許しましょう。“気づかないうちに自分も同じ事をしているかもしれない”と考えるのなら、根に持つことなく、快く許すことが出来るのではないでしょうか。
気にしない様にするならば、夫婦関係がギクシャクするのを避けられるだけでなく、あなたの健康にも良いのです。ストレスは出来るだけ抱えない様に心がけましょう。
仮に故意だとしたら、自分の感じた気持ちを穏やかに配偶者に伝えることが出来ます。

自分がして欲しい事をする

自分に置き換えて、どんなことをしてもらったら、やってもらえたら嬉しいかなと考えること。

“自分にして欲しくない事を相手にしない”と言う消極的な考えではなく、いつでも積極的な見方が出来ると、必然と良くない事を避けることが出来ます。

好きな人が愛をこめて何かをしてくれたら嬉しいですよね。

自分を大切にする

自分を大切にするとは、“自分の心身を労わる”ことです。自分を大切にする人は、配偶者を自分自信の様に大切にすることが出来ます。これには健康を害する事をしない事も含みます。

いかがだったでしょうか。今から自分を見つめ直すのに役立ちそうですか?愛し合った二人がずっと幸せな夫婦生活を送れますように。

こんな記事も読まれています