子供服に人気のコスパ最高のアメリカカジュアルブランド5選

2,474 views

男の子も女の子もおしゃれさせてあげたい! ママ共通の楽しみですし、願いですね。保育園のお出かけや帰省などハレの日の、お洋服。子供はすぐに大きくなりますし、買っても着る機会がないとちっちゃくなって甥っ子や姪っ子さんにあげたり、リサイクルショップに売ってしまったり … でも、ブランド物は丈夫な縫製で、色落ちもしませんから、結局はコスパもいいんですよ。特別な日だけでなく、普段のお出かけから着せちゃいましょう。わが家が好きなアメカジブランドの中から、子供服にも力を入れているブランドを5つ選んでみました。



GAP ギャップ

アメカジ(アメリカ・カジュアル)の代表、GAP。西海岸の陽気な気候と、陽気なアメリカ人が目に浮かぶブランドですね。
子供服にも力を入れていて、飽きの来ないデザインが豊富。ビビッドカラーよりも、少しワンポイントで使っている製品も多いので、ママのセンスが光る着合わせにも抜群ですね。
お値段もお手軽で、各地にセレクトショップを出店していますから、試着しながらぴったりのサイズを探すのもよし、店頭のセール品で掘り出し物を探すのもよし。
公式サイトも充実していますよ。

http://www.gap.co.jp/products/%E5%AD%90%E4%BE%9B%E6%9C%8D.jsp

RALPHLAUREN ラルフローレン

 「ポロシャツ」のポロは、ラルフローレンさんが発案。ですので正式には「ポロ・ラルフローレン」というブランド名です。
アメリカのカジュアルとフォーマルのブランドとして有名で、馬に乗ったエンブレム「ビッグポニー」はご存知のとおり。大人の男性、メンズ製品のイメージがありますが、実はラルフローレンは子供服にとっても力を入れています。
 とくに、ネイビーは「マリンネイビー」と名づけられるだけあって、素敵な紺色。何度洗っても色あせや型崩れもなく、とても驚いたことを覚えています。
日本では、各地の百貨店やデパートなどで売られていますが結構、お高いです。わが家が良く利用させてもらっているのが、アメリカ直輸入をうたう、ラルフスタイルさん。ネット通販専門店のようですが、丁寧な対応はもちろん、プレゼント包装もしてくれるのでお気に入りです。
 元気なお子さんには、ラルフローレンを着せてあげて、思いっきり遊ばせてあげてください。

http://ralphstyle.ocnk.net/

Tommy Hilfiger トミーヒルフィガー

こちらもアメカジブランド、トミーヒルフィガー。最近人気急上昇中のブランドです。
 子供服もラインナップが充実中で、何よりもお値段がお気軽。アメリカを意識した赤としろ、青のブランドロゴマークがかっこいいですね。本場アメリカでは、若者のブランド発信地・ロスやシスコ、NYでも大きなロゴが目立つ服を着て、颯爽と歩くカップルが目に入ります。最近は、バッグやキャップ、ウォレット財布などアイテムにも人気が出てきていているようで、各地のショッピングモールやアウトレットで人気になっています。
 ZOZOTOWNのセレクトショップが、見やすくて買いやすくておススメですね。

http://zozo.jp/shop/tommyhilfiger/

carter's カーターズ

アメリカでベビー服といえば、カーターズ、といわれるほど有名なブランド。「カーターズを着てベビーは育つ」なんて言われているくらいですね。
まだまだ日本では知られてはいませんが、150年の歴史がある会社です。ベビー服だけでなく、赤ちゃん用品、スタイやミトン、おもちゃまで製造・販売しています。
 かわいいアップリケや、温かみのある色使い、とくに女の子の赤ちゃん向けの服が充実していますので、ママにとっては、まるで着せ替え人形のようにおめかしできますよ。
 出産祝いにおねだりするものgood! ハワイからダイレクトで発送してくれる、カーターズランドという通販セレクトショップが利用しやすかったですね。

http://www.rakuten.co.jp/carters/index.html

OLDNAVY オールドネイビー

創業20年で、世界的なカジュアルブランドに成長した、OLDNAVY(オールドネイビー)。いまでは北米をはじめ全世界に1000店以上を展開しています。
 大人から子供まで家族全員が楽しめるファッションブランドとして日本でも急速に人気が出てきています。Tシャツやパンツなどベーシックなアイテムにも気を抜かないデザイン、飽きのこないカラーリング。コーディネイトするのが楽しくなる、お洋服ばかりです。
 もちろん価格もリーズナブルで、コスパも抜群。日本の公式サイトでの通販が、商品選択もしやすく、おススメですね。

http://oldnavy.co.jp/

こんな記事も読まれています