お尻拭きの意外な活用法5選

3,108 views

小さい子がいるお宅では、お尻拭きの大量ストックがあるのは珍しくないですよね。

でも、まだたくさんあるのにトイレトレーニングが完了しちゃった…とか、フタの閉め方が悪くてちょっと乾燥してきちゃった…なんてことはありませんか?

お尻拭きって、実は意外と万能選手なんですよ。

便利な使い方をご紹介します。



お手拭き

まずは定番のお手拭き。
赤ちゃんを連れて出かける時など、ウェットティッシュやお手拭きをわざわざもって行くのは面倒ですよね。
そんな時はお尻拭きをお手拭きにしてしまえばOK!
大人のお手拭きにしてももちろんOKです。
お尻拭きには水分がかなり含まれているので、水道のない場所でも手をすっきりキレイに拭くことができます。

台拭き

台拭きとしても、お尻拭きは大活躍。
お尻を拭くものでしょ…?なんて思わないでください。
パッケージに入っているお尻拭きは、清潔そのものですよ。

新しいお尻拭きは、かなり水分が含まれているので、テーブルを拭いたあと水分が気になるかもしれません。
ちょっと水分が抜けてきてしまったようなお尻拭きを使うのがおすすめです。

トイレ掃除

トイレ掃除にも、お尻拭きは大活躍です。
かなり厚手でしっかりしているので、掃除中に破ける心配がありません。
意外と広範囲をお掃除できるので、驚かれると思います。

ただし、ほとんどのお尻拭きはトイレには流せません。
トイレ掃除用のものと間違えてうっかりトイレに流さないよう気をつけてくださいね。

フローリングワイパー

フローリングワイパーに使うのもいいですね。
専用シートに比べると小さいので、一度に2~3枚使います。
お尻拭きは赤ちゃんのお尻についたうんちをすっきり拭き取れる構造になっているので、床のゴミもしっかりキャッチしてくれますよ。

お尻拭きが家に大量に残っていて困る~!という時には大量消費できておすすめです。
もちろん、雑巾のように拭き掃除をするのもいいですよ。

メイク落とし

最後に意外な使い方、メイク落としのご紹介です。
実はお尻拭きをメイク落としに使うのは、プロのヘアメイクさんや芸能人の間でもよく知られたワザなんだとか。

お尻拭きはたっぷり水分を含ませてある上、赤ちゃんの肌に使えるほどやさしい肌触り。
なので顔に使っても肌荒れの心配がなく、メイクもするする落ちるんです。
メイク落としシートよりもお肌に優しく、しかもコスパもいいので一度は試す価値ありですよ!

こんな記事も読まれています