赤ちゃんが夏に気持ちよく眠れる工夫5選

1,709 views

蒸し暑い夏の夜は、大人でも寝苦しいもの。

汗っかきの赤ちゃんは、大人以上に寝苦しさを感じています。

夏に赤ちゃんを気持ちよく眠らせてあげられる工夫をご紹介します。

赤ちゃんだけでなく、大人も快適に眠れますよ♪



寝る直前までエアコンをつけておく

赤ちゃんがいるお宅では、寝ている間にエアコンをつけっぱなしにするのはもってのほか。
冷えすぎてしまって体によくありません。
でもエアコンを止める時間が早すぎても、部屋が暑くなってしまいます。

エアコンは、赤ちゃんが寝るギリギリまでつけておきましょう。
部屋を充分冷やしておけば、気持ちよく入眠できます。

赤ちゃんが寝る部屋とリビングが隣同士なら、リビングのエアコンの風が少しだけ寝室に入るような工夫をするのもいいですね。

クール素材の敷きパッドを使う

クール素材の敷きパッドを使うのもおすすめです。
触るとひんやりした素材なので、暑い夜でも寝苦しさが緩和されます。
また、汗の吸収がいいので、汗っかきの赤ちゃんでも快適に眠ることができます。

冷感敷きパッドは必ず赤ちゃん用のものを使ってくださいね。
大人用のものだと赤ちゃんには冷たすぎたり、肌触りが悪い可能性があります。

リネンガーゼケットを使う

夏場はタオルケットなどをお腹にかける方が多いですが、リネンのガーゼケットが断然おすすめです。

さらっとした肌触りで通気性がよく、心地よく眠ることができます。
とても柔らかく肌添いがいいので、寝返りを打っても体についてきてくれます。
タオルケットに比べ、寝冷えの心配が少ないと言えるでしょう。

吸湿と発散に優れているので、洗濯後の乾きが早いのもママには嬉しいポイントです。

スリーパーを着せる

掛け布団やタオルケットを蹴ってはいでしまい、寝冷えをしてしまう…。
そんなお子さんにはスリーパーを着せましょう。

ガーゼ素材のスリーパーは、汗をすばやく吸収してさらさらの肌触りを保ってくれます。
スナップボタンで周囲を留める形なので、どんなに寝返りをうっても脱げる心配がなく安心です。

スリーパーは冬でも使えますし、ある程度大きくなっても使えるアイテム。
1枚はあると重宝しますよ。

背中にガーゼを入れる

赤ちゃんのいるお宅には、ガーゼがたくさんあると思います。
このガーゼ、寝苦しい夜にも大活躍してくれるんです!

赤ちゃんを寝かしつける時に、背中にガーゼを入れます。
寝入ったらガーゼを引き抜いてみてください。
汗でびっしょりになっていると思います。
ある程度ガーゼが汗を吸ってくれるので、赤ちゃんは快適に眠れるというわけですね。
とっても簡単でお金もかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

こんな記事も読まれています



シェア