高齢男性との妊娠&出産リスク。意外と知られていないが要注意

3,552 views

女性の高齢出産に関しては、多くの情報がありますが

意外と知られていないのが、高齢男性との妊娠によるリスク。

高齢でも子作りできると思われている男性ですが、意外なリスクも。

では高齢男性との妊娠はどういう影響やリスクがあるのかまとめてみました。



男性の妊娠適齢期

女性の場合、35歳を超えてからの出産を高齢出産と言われます。
35歳を超えてからの妊娠には、それ以下の年齢での出産に比べると様々なリスクが考えられるようになります。
最近の研究結果によると、男性ではその兆候が40歳を越える頃から現れることがわかったそうです。
40歳以上の男性は30代以下の男性と比べると、赤ちゃんに与えるであろうリスクがおよそ6倍にも上がります。
昔に比べ、最近は40代でも体力・精神力ともに高いのであまり意識はしませんが、妊娠ともなるとリスクは出てくるのです。

リスクが上がる原因

女性の場合のリスクは、卵子や子宮など様々な原因も考えられますが、男性の場合の原因は「精子」のみです。
高齢になるにつれて精子も衰ていきます。
また長い間射精をしなかったのであれば、精子細胞の奇形にもつながるため、健康な精子が作られにくい環境といえます。
もし、妊娠を考えているのであれば高齢男性の方にも染色体異常の検査を受けてもらうことも、リスク回避のひとつの手段です。

赤ちゃんに与える影響

男性と女性では高齢妊娠で赤ちゃんに与えるリスクの、疾患の種類などが異なります。これは赤ちゃんの形成に対して、卵子と精子の働きの違いも関係しているといわれています。
子供への影響としては、染色体異常・統合失調症・自閉症・発達障害などがあげられます。
また、小児がんやうつ病の発症の確率も高くなると考えられています。
これは高齢になるにつれて、発症リスクは高まっていくようです。

妊娠中のリスク

高齢男性との妊娠のリスクは流産の確率が高くなるということです。
20代の男性に比べると、40歳で1.5倍。50歳では2倍にもなります。
女性にも同じことが言えるので、高齢同士の妊娠・出産には、流産や様々なリスクがおきる確率かなり高くなるといえます。
流産は精神的にも肉体的にも、つらく大きな負担になり、回復のも時間がかかるものです。
妊娠を考えているのであれば、そういったリスクを理解し、早めの計画を立てるようにしましょう。

リスクを抑える

男性の高齢出産で考えられるのが、精子の劣化です。
生活習慣を見直し、劣化を防ぐようにしましょう。
・喫煙、飲酒を控える
・下着で締め付けすぎない
・1日3食バランスのよい食事を心がける
・ストレスを溜めすぎない
・定期的に射精する
・しっかり質のよい睡眠をとる
ということが重要になります。
これは妊娠を考えていなくとも、体のためには気をつけたいことばかりなので、生活習慣を整えていくように心がけてみましょう。

こんな記事も読まれています



シェア