欲しくなってからじゃもう遅い?30代の妊娠事情

1,681 views

急速に進む女性の晩婚化。そろそろ子供が欲しい・・・そう本気で思った頃には妊娠自体が難しくなってくる年齢にさしかかっているかもしれません。最近「妊活」という言葉をよく耳にするようになり、芸能人の高齢出産も話題です。しかし現実では高齢での妊娠・出産には大きな困難がつきまといます。



いづれは子供が欲しいけど・・・

現在はキャリアアップを目指し社会で奮闘する女性が増え、晩婚化も進んでいます。
イマドキの30代女性は若々しく、見た目も本人の気持ちも20代女性と大差があまりないようです。
しかし結婚後もつい仕事に夢中になっていると、「そろそろ子供が欲しいかな、妊娠したいかな」と思ったときには、なかなか思い通りにいかない事態にもなりかねません。

30代妊娠のデメリット-妊娠したくとも出来ない?卵子の老化

ここ最近テレビなどのメディアでもよく耳にするようになったのが「卵子の老化」。
特に35歳以上になってくるとその傾向は顕著で、40歳以上になるとさらに卵子の老化が進みます。
つまりは歳を取るごとに、どんどん妊娠しにくくなっていくのです。

30代出産のデメリット-流産のリスク

卵子の老化により、卵子と精子が出会っても受精しにくくなったり、または受精しても受精卵の成長が悪くなったり・・・。
また、せっかく妊娠できたとしても、年齢が上がるごとに流産しやすくなってしまいます。
平均年齢30歳でも、妊娠の約15%~20%が流産するといわれていますが、女性の年齢が高くなるとさらにその確率は上昇します。
つまり卵子の質の低下は染色体に異常を起こす確率を上げ、高齢で質の悪い卵子だと、せっかく受精できてもうまく育たず、流産する可能性が高くなってしまうのです。
高齢で流産してしまうと子宮の状態を元に戻るまでに時間がかかり、さらに次の妊娠が遅れるという影響もあります。

30代出産のデメリット-染色体異常のリスク

卵子が老化している分、出産できてもダウン症やその他の染色体異常を起こす可能性も高くなります。
妊婦さんの年齢が20歳では約1500人に1人の割合ですが、30歳になると約1000人に1人、35歳だと約400人に1人、40歳では約100人に1人、45歳になると約30人に1人の割合でダウン症の子が生まれると言われています。

一方でメリットも!30代の妊娠・出産

30代で出産するメリットとして妊婦が精神的に成熟していることが考えられます。
ホルモンバランスの乱れやすい妊娠中も、気持ちに余裕を持って過ごすことができるようです。
また長く働いてきたならば貯蓄もあり、お金の不安を感じずにゆったりと安心して妊娠・出産に挑めるでしょう。
体力の低下が心配な高齢での出産・育児であっても、有料のサポートを受けることで上手に乗り越えることができるメリットがあります。

妊娠・出産は女性にとって人生ががらりと変わる一大事。
メリットデメリットを正しく知り、後悔のないライフプランを立てましょう!

こんな記事も読まれています



シェア