寝室の子宝風水で妊活しよう。赤ちゃんが欲しい!

2,651 views

トイレだけの子宝風水もまとめましたが、今回は寝室です☆

子宝風水で妊活してみませんか?

枕の方角

基本的には、東枕がいいと言われています。
東枕なら男の子が生まれ、南枕は女の子が生まれる、という説もあります。
赤ちゃんを授かれるならどちらでも嬉しいですが、少し試してみるのもいいですね。

寝室の北側に実のなるもの

布団のカバーをオレンジなど暖色系にして、全体的に明るくまとめると子宝運がアップするそうです。
反対にブルー系のインテリアは、子宝運を下げてしまうそうなので、気をつけてくださいね!
また昔から子宝や安産を象徴するザクロや桃などの、実のなるもの を飾っておくといいと言います。
ザクロの植木や絵など、探してみるといろいろありますよ。
ちなみに私はザクロの実を飾っていました。
2年近く妊活していたのに、飾ってから半年以内に妊娠したので効果があったのかもしれません!

東北には白

寝室の東北は、山の絵か白いものがよいそうです。
雪化粧をした山の絵などはいかかでしょうか。
私は富士山の絵を飾っていましたよ。

南西は黄色

寝室の南西は黄色い花や黄色い実のなる木を飾りましょう。
それらが描かれた絵でもいいそうです。
柑橘系の植木もありますが、ヒマワリなんていかがでしょうか。
元気が出そうですよね!

寝ている場所の下を清潔に

自分の寝ている下(ベットならベット下、布団なら畳)に子どもに与える生気が宿るそうです。
ですからベットの下にはほこりをためないようにしましょう。
畳に直接布団を敷いている場合は、たまにはあげて湿気がたまらないようにしてくださいね。
掃除をする場合は掃除機は使わず、静かにさっとほこりを取り除きましょう。
子どもが吸収するべき運気まで吸い取られてしまうからです。

全て取り入れると寝室が変な色合いになったり、飾りものだらけになったりするのではと心配になりますが、小さな物で構わないのです。
寝室全体にオレンジや暖色系でまとめたり、ポストカードや草花をうまく使ったり・・。
生花はあるだけで心が和みます。
風水にしばられた寝室ではなく、取り入れられるものを、自分の好きな方法で取り入れてみてください。
まずは寝室が明るく、夫婦の安らぐ場所としてあるのが一番ですよ。
ゆっくり体を休めて健康を維持することも妊活には必要です。
これだけ風水を取り入れたから!と期待しすぎるのもストレスになります。
効果があるといいな、少しやってみよう、の軽い気持ちで楽しくしてみてくださいね☆

 

こんな記事も読まれています




シェア