軽くやばい?!おなかを鍛えて素敵なボディを目指したい!

1,929 views

きれいなおなかを出して水着を着たい!

けど現実は・・・

なんて気にしているなら始めて見てはいかがですか?

毎日続ければ効果はきっと出るはず!

男性も女性も日々の努力が大切です。

今年はもう隠すのはやめて、あえて出していきましょう!

くびれ

くびれをつくるには腹斜筋を鍛えることです。
腹斜筋は脇腹の筋肉なので、ここを鍛えていけば自然とくびれができるのです。
腹斜筋はひねることで鍛えることができます。
よくやるのは、腹筋をするときに左右の膝と肘をくっつけるやり方ですよね。
もちろんこれでオッケーなのですが、座ってできるのもあります。
体操座りになり、手を後ろにつきます。
そして膝どうしを離さずに左右に倒すだけ。
これが結構きついです。
膝を離さないのを意識するとすごく効いているって気がします。

ぽっこりおなか

下っ腹のぽっこりが気になる方が多いはず。
甘いものやインスタント食品を取り過ぎてはいませんか?
また冷たいものの食べ過ぎもおなかの脂肪をつけやすくしてしまうそうです。
下っ腹を鍛えるなら足を伸ばして下ろすという方法を。
かなりきついので、腰の痛い方は無理をしないように。
片足づつ始めてみてもいいようですよ!
普段から下っ腹を意識して力を入れて生活することもオススメです。

便秘

ぽっこりおなかの原因の1つでもある、便秘。
悩んでる方も多いのでは?
出ないと悩むのも良くないですが、出ないのは辛いですよね。
便秘にはまず水分が必要です。
水をこまめに飲むこと、また腸内の善玉菌を増やすこと。
ヨーグルトなどを食べるのは毎日続けてこそ意味があるようです。
またプルーンは食物繊維が豊富でおなかを緩くしてくれるので、ヨーグルトと一緒に摂るのもオススメです。

スクワット

おなか痩せにスクワット?と疑問に思うかもしれませんが、スクワットは理にかなっているのです。
スクワットで鍛えられるのは、体幹とお尻、足の筋肉だけでなくおなかの筋肉もしっかりと使っているのだそうです。
スクワットを正しく行えばかなりの消費カロリーと筋肉がつきます。
1日何回かだけでもいいので毎日苦にならずに続けていけるようにしましょう。
正しいスクワットのやり方は
肩幅か少し広めに足をひらき、骨盤の前傾姿勢をとります。
胸を開いて肩甲骨を寄せるようにして、ゆっくりと膝を曲げます。
膝はつま先と同じ方向に曲げ、つま先よりも前に出ないのを意識しましょう。

8の字

いつでもできるのが、骨盤を8の字に回す体操。
左右にゆっくり8の字を書くだけのこの体操ならいつでもどこでもできますよ!
ひとところ前に流行ったダンスエクササイズDVDにもありましたね。
骨盤をひねったり揺らしたりして骨盤のゆがみを解消すれば内臓の位置を整えたり、体のバランスを整えたりしてくれるそうです。
体のゆがみは不調に繋がりやすいので、整体などに行ってメンテナンスしてもらうのもぽっこりおなかの解消の近道にもなるかもしれません。
簡単だしチャレンジしやすいのではないでしょうか?

こんな記事も読まれています