生花が素敵なウェディングのヘアアレンジ

6,357 views

結婚式のヘアアレンジ、どのスタイルにしようか悩みますよね。

ティアラやボンネ、ヘッドアクセなどそれぞれ魅力的で選ぶのが難しい。

その中でも生花を使うことは結婚式だからこそ出来る特別なものだと思いませんか?



生花の魅力と注意点

生花を使う魅力とは?
お花ってもらうと嬉しいですし、お部屋に飾ってあるだけで華やかでフレッシュな雰囲気が漂いますよね。生花を使ったヘアアレンジもそれと同じことが言えます。小さい頃にアニメの登場人物がお花畑で首飾りや髪飾りを作って着飾っている姿に憧れたことはありませんか?それがバラやガーベラ、芍薬などフラワーショップで売っているお花を飾ることが出来るなんて贅沢ですよね。

生花のヘアアレンジの注意点
・季節によって有無が左右される
使いたいお花が結婚式のシーズンに咲くかどうか調べておいた方が良いでしょう。
また、取扱いがあっても、そのシーズンの旬(春は桜、夏は向日葵など)があるので
季節外れの花の使用は、こだわりの強いテーマがなければ使わない方が無難です。
しかし、1年中取扱いがある花もあるので式場に確認をして下さいね。
・メイクリハーサル時に生花を使用したリハが出来ない
結婚式前にメイクリハーサルがあります。ドレスを着用し、ヘアスタイル、メイク、アクセサリーを決めます。その際に生花を使ったヘアアレンジのリハが出来ない会場がほとんどです。リハーサル時に、よく使われている代表的な花の造花や花冠はあるので雰囲気だけはなんとなく掴めるかもしれません。生花は花屋へ注文が必要なため、リハーサル時にイメージをプランナーに伝え、式当日にお披露目となるのです。当日がっかりしないためにも、誰もが分かりやすいイメージや注釈などを細かく伝えらえるようにしっかり準備をしておけば安心です。

では、生花が素敵なウェディングのヘアアレンジをご紹介します。

一番人気の花冠

華やかでキュートな雰囲気の花冠。誰もが憧れますよね!色や使う花の種類によってガラリと印象が変わります。リーフと組み合わせて作るのもまた個性的です。

沢山の花を散りばめて、ラプンツェル風

三つ編みヘアーに沢山の小花を散りばめてラプンツェル風に。三つ編み以外にもハーフアップ、サイドへ流すアレンジにもバッチリ合います。ナチュラルなスタイルやクラシカルなドレスとの組み合わせがおススメです。

バックスタイルが印象的なアレンジ

バックスタイルに重点をおいたアレンジ。式では主にバックスタイルを見られるので式のスタイルとしてもおススメです。ベール越しに見える生花もまた魅力的です。

サイドからが印象的なアレンジ

正面、サイド、バック、それぞれから見ると違った雰囲気に見えるでしょう。色々な角度から写真を撮られる披露宴でのお色直しの時のヘアスタイルにおススメです。

こんな記事も読まれています