出産病院選びの際におさえておきたいポイントまとめ

1,143 views

出産に対応した病院はたくさんありますが、それぞれの病院にはそれぞれの特徴があります。

妊娠生活、そして出産を快適に安心して過ごせるよう病院選びはしっかりしましょう。

ここでは、そんな病院選びをする際のポイントをまとめてみました。



病院の種類

出産できる施設は大きく分けて3つあります。
・総合病院や大学病院
・個人病院
・助産院
総合病院や大学病院は医療設備が整っていて、診療科目が充実しているので緊急時に即対応できます。出産は最後まで何が起こるか分からないもの!初めての出産の方や持病を持っている方は総合病院や大学病院が安心出来ると思います。
個人病院は初診から出産まで同じ担当医に診てもらえることが多いです。個室や母子同室に対応している所が多く、産後の食事や体のケアが充実しています。産後アロママッサージが1回無料でついてくる病院もあるとか!
助産院は丁寧で親身になってくれるのが最大の魅力です。希望のお産のスタイルやペースを尊重してくれます。ただし、医療行為が行えないため、リスクのある出産は出来ません。医療行為をしない分、人間本来の自然な出産が出来る点がとても魅力的だと思います。

http://www.ikujizubari.com/byo-in/byouinerabi.html

病院までの距離

妊婦健診、出産、入院、1ヶ月検診など病院に通うことは多いので通いやすい場所にあるか、交通手段は充実しているかなど考慮しましょう。
出産は何が起こるか分からないものなので、自宅近くの病院を選ぶと安心出来ますね。最低でも1時間以内で行ける場所を選ぶと良いでしょう。
出産後の検診も産まれたばかりの赤ちゃんを連れての外出になるので、そのことも考慮して病院を決めましょう。

http://www.premama.jp/hyakka/shussan/hospital/index.html

自分が希望する出産方法が出来るか

夫の立ち合いを希望している、無痛分娩を希望する、出来るだけ自然な経過を大事にしたい・・・・など出産に対する希望はひとそれぞれです。まずは自分なりのバースプランを作ってみましょう。そのうえで希望の出産方法が出来るかどうか病院に確認してみましょう。
筆者はソフロロジー法による出産を希望していましたが、里帰り先の病院ではソフロロジー法はおこなっていなかったので、実践することが出来ませんでした。
自分が希望する出産方法で安心して出産に臨めるよう、事前の確認が大切です。

http://www.premama.jp/hyakka/shussan/hospital/index.html

産後のケアの充実

母子同室か、母乳哺育に積極的か・・・など産後ケアについても押さえておきたいところです。
母子同室は入院中から赤ちゃんのお世話を自分でするので、退院後の生活にもスムーズに移行することが出来ると思います。母子同室でも身体がキツイ時には新生児室で預かってくれることもあります。

http://www.premama.jp/hyakka/shussan/hospital/index.html

病院に見学に行く

どんな病院か実際に見学に行ってみると良いでしょう。
病院内の施設は充実しているかや、スタッフの対応など気になる所をチェックしてみましょう。
見学する際は事前に病院に確認しましょう。
妊娠中から出産後まで長く通うことになる病院なので、気持ちよく通えるように安心して出産出来るように、実際に見てみることが大切だと思います。
母親学級で病室や病院の施設を見学出来る病院もあります。

http://www.ikujizubari.com/byo-in/byouinerabi.html

こんな記事も読まれています