新米ママに見て欲しい☆産まれたばかりの赤ちゃんお世話ポイント

2,154 views

産まれたばかりの赤ちゃんって可愛いけど、首もグラグラで全体的にふにゃふにゃでどうしたら良いのかわからないって思いますよね?

初めての赤ちゃんって特にそう思ってしまいます。

そんな産まれたばかりの赤ちゃん、新生児のお世話のポイントをまとめています。



母乳は欲しがるだけあげましょう

よく3時間おきの授乳と言われますが、ママの母乳の出方、赤ちゃんの飲める量が違うため、赤ちゃんのお腹が減る時間には個人差があります。
なかには上手に吸いつけない子もいますし、ただ、吸い付いているだけで実際には飲めていない子もいますし、お腹がすいているけど、疲れてしまい、飲むのを止めてしまう子もいます。
この時期の赤ちゃんには欲しがるときに欲しがるだけあげてくださいね。

赤ちゃんの生活は寝たり起きたりの繰り返し

赤ちゃんの睡眠時間も3時間おきの授乳同様に、赤ちゃんは3時間眠るという神話があります。
しかし実際には3時間眠る子もいれば、3時間未満で起きる子もいます。
また同様に、3時間以上眠る子もいて、いろいろです。
新生児期の赤ちゃんは「寝る・起きる・泣く」のがお仕事。
慣れない育児に疲れてうるさく感じることもあると思いますが、この時期の赤ちゃんは、泣いて欲求を伝えるのが仕事です。
泣いたらどうしたの?と優しく声をかけてあげてくださいね。

おむつは濡れたら取り替える

赤ちゃんは、おむつが濡れると、泣いて訴えます。
排泄物を出したおむつは気持ち悪いのです。
そして新生児の赤ちゃんはうんちもおしっこも回数が多く、肌もデリケートで、かぶれやすいのです。
紙おむつも布オムツも「出たら取り替える!」「泣いたらおむつをチェックする!」ということを意識し、赤ちゃんのお尻を清潔に保ちましょう。

室温と衣類をチェックしてね

産まれたばかりの新生児期の赤ちゃんは体温調節も未熟です。
部屋の室温は、夏は26度前後、冬は20度前後を目安にしましょう。
外気温との差が5度以内がベストといえるでしょう。
赤ちゃんの手のひらや背中を触ってみて、汗ばんでいたら衣服を一枚脱がせるなど、上手に調整してみてくださいね。

沐浴は毎日入りましょう

お湯に入ったときの気持ちよさそうな表情、とっても可愛いですよね。
新陳代謝が激しい赤ちゃん、清潔を保つためにも沐浴は毎日させてあげましょう。
でも沐浴させる前に赤ちゃんの体調をみて沐浴させてあげてくださいね。
赤ちゃんは裸にすると不安定になるので、
ガーゼや柔らかいタオルを手からお腹にかけてあげてくださいね。

私には、4歳と1歳の子供がいます。
初めて出産をしたときは、何かもがわからない事だらけでネットでの検索魔になっていました。
育児書でもネットでも書いてある事は同じなんです。
だけど、調べてしまうそれの繰り返しでした。
今回は、病産院でも教えてもらえる基本的な事ですが、はじめてさんのお役に立てたらと、私は思います。

こんな記事も読まれています



シェア