やっぱりしておきたい同棲!するなら絶対に決めておきたいこと5つ!

1,508 views

付き合ってる人との同棲。メリット、デメリットは多く挙げられますが、私も同棲中の身ですが、多くのことを二人で共有しあえるものだと思うので、同棲っていいものだ思っています。でも、同棲は始めが肝心です!そのため、円満な同棲生活をするにあたって決めておきことを紹介していきたいと思います。



お金について

家賃、光熱費、食費など、やはりお金のことはしっかり決めておかないといけない問題です。お互いの給料を考慮し、お金のことでストレスを溜めないように二人にあった方法にしましょう。
例えば、月々の生活費を割り出し、お互いが決まった額を出し合う。これはもしも、お金が余った場合に貯蓄したり、贅沢な食事に回したりできるのでオススメです。
お金の管理はどちらかがした方が良いと思います。

家事の分担

家事とひとことにいっても、掃除、洗濯、炊事。細かく言ったらキリがないくらいたくさんあります。お互い、得意不得意な分野があるので、お互いのスタイルで決めていくましょう。この問題は基本的に、女性がストレスを溜めやすい問題なので、どれだけ男性が家事を手伝ってくれるかがポイントになるかもしれません。

時間の使い方について

一緒に住んでいるから、仕事以外の時間をずっと一緒にいなくてはならないわけではないです。家にいてもひとりの時間も必要であるし、友達と出かける時間もほしい。お互いのやりたいことを理解し、ひとりの時間も尊重する。
でもマンネリを防ぐためにも、もっとふたりの時間も作れるように休日はデートをするなどふたりので過ごす時間の使い方も決めましょう。お互いそれぞれの生活スタイルを尊重し合い、決めていきましょう。

ふたりのルールを

時間の使い方と似たようなところもありますが、習慣のルールはガチガチにたくさんではなくてはいいですが、少しは決めてあったほうが良いです。きちんとお互いのスケジュールを理解するためにも、帰宅時間や外出の際の連絡を怠らないことや、友達を家に呼ぶ際は了解を得るなど大事なことは話し合って決めておきましょう。使わないコンセントはその都度抜くなど、一度言ったらそれがルールになることもありますし、自然と互いのなわばりが決まってたりもします。そうやって暗黙のルール的なのが出てきたりしますので、変えて欲しいことは話し合っていき、ふたりのルールを決めていきましょう。

将来について

何のために同棲するのか。将来のビジョンを話し合う機会です。
この同棲をどう考えているかの認識を合わせましょう。ただ楽だからといってダラダラ時間を過ごさぬように。結婚前提でも、そうでなく長い目でみるにしても、目的はなんであれ、お互いが合致していればうまくいくはずです。

こんな記事も読まれています



シェア