真夏の結婚式で気を付けて欲しい5つのこと

1,977 views

真冬と真夏は結婚式がお安い時期でもあります。

しかし、ちゃんとゲストのことを考えないと、「ご祝儀泥棒」って言われちゃいますよ。

真夏の結婚式の式場選びで、気を付けて欲しい5つをまとめてみました。

ぜひとも、参考にしてみてください。

炎天下でのフラワーシャワー

女性にとって日焼けは天敵‼
少しの時間でも日光さらされたくない。
だから、炎天下でのフラワーシャワーに参加しない。
もしくは、日傘をさしながらのフラワーシャワーになったりします。
これは写真を撮ってる式場カメラマンも、残念な写真しか残りません。
どのような場所でフラワーシャワーをするのかを確認しておきましょう。

緑が多いのは良いことなのですが

屋外でのガーデンチャペルで挙式。
写真的にはいいのですが、実際は『虫』被害が多い。
挙式中に毛虫が降ってきた。
蚊に刺されて披露宴中かゆくて仕方がない。
そんなクレームが多発してるのも事実です。
ガーデンウェディングも素敵だけど、真夏は避けた方が賢明かも。

披露宴会場にある大きいプールが原因⁇

夏の大きな披露宴会場‼
ドアを開ければ素敵なプールか広がってます。
見栄えはホントに良いのですが、ガーデンから吹き抜ける風がスゴイ湿っぽい。
モワッとした空気が披露宴会場に入り込み、冷房が全く効かない。
涼しげに見えるプールも、真夏は少し考えなくちゃいけませんね。

ゲリラ豪雨の対策は万全ですか?

バケツをひっくり返したように、少しの時間で大量の降水量。
どんなに水はけのいい場所でも、マンホールが浮くほどです。
その披露宴会場は浸水しなさそうですか?
実は、ゲリラ豪雨ごとに浸水している会場があります
自分の眼でちゃんと確かめてみましょう。
披露宴会場はちゃんと高台に出来てますか?
ゲストの足元が汚れないような出入口ですか?

人一倍動き回る母親に配慮を

挙式&披露宴会場で一番厚着なのは、お母様です。
留袖で直射日光に当たれば、熱中症になるくらいの暑さ。
それでも、誰よりも動き回りゲスト1人1人に挨拶する。
体調不良になって当たり前ですよね。
だからこそ、お母様には洋装にしてあげるとかの配慮をしてあげてください。

こんな記事も読まれています