結婚式の装花で使いたい花5選。見栄えがいい♥

2,697 views

装花で使う花に悩みませんか?結婚式で使うならこの花を選びましょう。ちゃんとした理由もあるんです。人生で大事な日だからこそ花にはこだわりを持つべきです!!ぜひ参考にしてみてください。

ガーベラ

よくみる誰もが知っているガーベラですが実は
色によって素敵な花言葉を持っています。

例えば赤は 神秘 燃える愛
ピンクは 熱愛 
黄色は 究極愛 などの意味をそれぞれに持っています。

この他にもカラーがあるので挙式のイメージによって
選んでもいいかもしれません。
咲き方や花自体の大きさも種類が豊富のため選ぶのも楽しいです。

 

紫陽花

紫陽花は 移り気 などの意味も持ちますが
それは悪い意味ではありません。
例えば 「一家団欒」 「家族の結びつき」
「元気な女性」という意味を持っています。

つまりこれから家族になるという結婚式にはぴったりなんです。
そのためブーケだけでなく装花の中でもよく使われます。

また最近人気の紫陽花は「アンティーク紫陽花」という
落ち着いた雰囲気の紫陽花もあります。
秋色紫陽花という紅葉しているような紫陽花もあるため
こちらもイメージに合わせて選ぶのをおすすめします。

アイビー

アイビーは結婚式では必ずと言ってもいいほど使われています。
それがなぜかというとこのアイビーの花言葉が結婚式で最適だからです。

「死んでも離れない」、「永遠の愛」

これがアイビーの花言葉です。
もうこれだけで二人がラブラブでずっと続いていきますようにという
強い思いが感じられますよね。
だからこそ様々な装花の中に組み込まれています。

アイビーはウェディングケーキの前の装花から、
メインの装花など全体的に使えるグリーンであり
全てに入っていることで統一感を持たせてくれます。
花材としての価格も安いので装花に使うのにおすすめです。

スズラン

すずらんの花言葉もとっても素敵です。
「幸せが訪れる」というのが花言葉なんです。
結婚式をあげる自分たちのみならず、訪れるゲストにも
幸せが訪れますようにという想いをこめて使っていることがほとんどです。

ブーケの中に使ったりウェルカムボードやトイレのちょっとした
アレンジに使うのがおすすめです。
ささやかなおもてなしが招待客にも喜ばれます。

バラ

誰もが一番使用しているバラは、結婚式の最高の花言葉をもつといっても過言ではありません。

バラのもつ花言葉は以下になります。

赤は 情熱
ピンクは 恋の誓い
白は 清純 純粋
オレンジは 信頼

基本的には上記のカラーを使います。
咲き方もさまざまな種類が有り結婚式の場合には
コロンとした咲き方をする「カップ咲き」と呼ばれるバラが
よく用いられています。

また本数によっても意味が変わるのもバラの面白いところです。

3本は 愛しています。
6本は あなたに夢中
11本は 最愛

こういった意味を持っており装花にも交えると面白いかもしれません。

こんな記事も読まれています



シェア