ママ御用達のおすすめ抱っこひもベスト5

2,453 views

抱っこひもってママにとっては欠かすことのできない必須アイテム!!

毎日使うものだからこそ、お気に入りになるおしゃれで使いやすいものがほしいですよね。

そこで、現在子育て中のママが愛用している抱っこひも5点をご紹介します。



新生児からすぐ利用可能! ベビービョルン

ベビービョルンのベビーキャリアは、すべての商品が新生児から3歳前後まで使用できるものです。
全体重の3分の1という赤ちゃんの重たい頭部もベビービョルン独自のヘッドサポートでママも安心して抱っこすることができます。
4通りの抱っことおんぶが可能なのは、お子さまの好きな態勢を選ぶことができてよいですね。
たっぷりパッドのショルダーベルトとウエストベルトでママの負担を軽減してくれる点も嬉しいポイントです。
また、しっかりとした抱っこひもでありながら、コンパクトに設計されているので、使わないときはバックの中に入れておけるのも荷物が多いママのことを考えられている商品ということを表しています。

王道!ergo Baby

歩いていると必ず見かけるのがergoBaby。
知らない人はいないというほど大人気ですね。
ergoの魅力は、肩ベルトが太く、クッション性もあるので疲れにくいということ、またカラーや限定の柄も豊富なのも魅力の一つです。
新生児には、インサートを使用すれば使えるので長い間使うことができます。
有名芸能人やおしゃれブロガーも愛用中です。
また、最近では4通りで赤ちゃんの自然な座り姿勢を支えることができる物も販売されています。
360度全方位で快適に抱っこができるとのうたい文句なので、是非店頭でお試しください。

人気急上昇中!onya

特有のスポーティーさを持ち、旬なオシャレを取り入れることができると話題のonyaは、現在流行の兆しをみせています。
雑誌などにも多く取り上げられていますね。
今から購入する方はonyaにしようかな・・・と考えている方も多いのでは?
こちらはアウトドア技術が生かされているので軽く、素材はメッシュなので、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。
また、ショルダーストラップを背面でクロスすることができるのでママの姿勢も正しい位置でサポートできる優れもの。ママはついつい猫背になりがちなのでその機能はありたいですよね。
使いやすい上におしゃれであれば、チェックする価値あり!です。

簡単 お手軽!スリング

スリングとは新生児から2~3歳までのお子さまをだっこすることができる布状の抱っこひもです。
リングを利用して密着感を調整するものから、リングのないタイプまで形はさまざまですが、基本的には布ということになるので他の抱っこひもとの違いは明らかです。
抱っこひものようにかさばらず持ち運びがしやすいですね。
抱いたままの授乳も可能とのことですが、さすがに外では控えた方がよさそうですね。
お値段も安価なものが多いので、一つ試しに購入・・・もすることができます。
デザインやカラーも多種多様なのも嬉しいポイントです。

アメリカ発!bobaラップ

アメリカでうまれたbobaラップが日本でも人気が出始めているのをご存じですか?
bobaラップとは、コットン素材の5メートルの布のことで体全体に布を巻くので赤ちゃんの体重が分散され、肩と腰が疲れにくいものなのだそう。
正面からみると、抱っこひもにみえずにとてもおしゃれです。
コンパクトで使用していない時もかさばららず、お装着所要時間はわずか2分足らずというのも忙しいママには嬉しいですね。
しかも新生児から20キロの体重のお子さままで使い分けられるというスペックの高さをもっています。
値段も大体¥7000~とのことなので、挑戦しやすい価格です。

こんな記事も読まれています