スキンケアでアンチエイジング!ママだって輝きたい!

1,310 views

肌や体型の衰えは、歳を重ねる上で避けて通れません。
老化の進行をできるだけ食い止めて、
いつまでも若い体を維持していきたいですね。
特にシワやシミといった肌の老化は顕著にあらわれるため
悩んでる人も多く見られます。
アンチエイジングには日ごろのスキンケアを見直すことも大切!

クレンジングでメイクの油分を落とし洗顔で汗やホコリを洗い流す

アンチエイジングの美肌づくりに大切なのは肌をきれいに保つこと、
メイクをしたらきちんと落とすことが重要になります。
顔を優しく洗った後は、時間をかけてすすぎをしっかり行います。
髪の生え際やあごなどに洗顔料が残っていると肌のトラブルを招くので
注意しましょう。

化粧水は洗顔後すぐにつけることその後美容液や乳液で保湿を

化粧水は、保湿を目的とした柔軟化粧水と、
毛穴を引き締めたり皮脂をおさえたりする収れん化粧水に分かれます。
乾燥肌の人は柔軟化粧水、オイリー肌の人は収れん化粧水がおすすめです。
化粧水をつけた後で美容液を使用すると、成分が浸透しやすくなります。
美白や保湿など目的にあわせて選ぶことが大事です。

UVケア!シミやシワなどの老化現象を助長する紫外線から肌を守ろう

UVケア化粧品は、用量を守って手に取り、顔全体に広げた後、
シミができやすい頬骨のあたりは重ねづけをします。
用量を守らないと効果が低くなる場合があります。
さらに、その上からパウダーファンデーションをつけておけば、
紫外線の悪影響を食い止めることができます。
パウダーファンデーションの粉には紫外線を反射し、
肌内部への浸透を防ぐ効果があるのです。

シミ!メラニン生成を予防し、ターンオーバーを促すことが大事

肌が紫外線を受けると、紫外線を体内に侵入させないよう、
表皮内でメラニン色素が作られます。
このメラニンは通常、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)とともに
皮膚の表面に送り出され、角質と一緒に剥がれ落ちます。
しかしメラニンが過剰に生産されたり、ターンオーバーが遅れたりして、
肌の奥に沈着するとしみになってしまいます。
シミの予防、改善は、メラニンの生成を抑え、ターンオーバーを促すことが大切です。

シワ!深いシワになる前に肌の保湿を積極敵に行って予防を

シワは乾燥によってできる細かいシワと、肌内部のコラーゲンなどが
減少したりしてできる、深いシワとがあります。
乾燥が原因のシワは、肌を保湿して潤いを与えると改善されますが、
保湿を行っても消えないシワは、内部にまで達していると言えるでしょう。
深いシワが本格的に刻まれてしまう前に、日ごろから積極的にケアを
行いましょう。
また、加齢とともにターンオーバーが遅くなり、古い角質が落ちにくくなることもシワの原因のひとつ。
肌のマッサージを行って代謝をあげるのもシワの改善に有効です。
マッサージを行うことで、血液の流れを促し、新しい皮膚を生み出す細胞を活性化させるのです。

こんな記事も読まれています