モテる女性になるためのLINEの使いこなし方

840 views

このシリーズの今回は、最近誰もが使っているアプリLINEについてです。LINEを普段使っていない人はメールでも同じような事が言えるので、是非参考にしてみて下さい。普通に相手とやりとりをするのではなく、上手く駆け引きをして相手の心をひきつけましょう。



内容

相手とどれぐらいの親密度によって内容は変わってきますが、ここでは初めの頃の設定でいきます。男性は完璧な女性よりも、少し隙がある女性のほうが「僕でもいけるんじゃないか」と安心感を持つので、誘いやすいそうです。ですので、質問されたときの反応は、より具体的なほうが「素の部分を見せてくれた」と思ってもらえて、親密度が上がります。そして、自分の話ばかりするのではなく、相手の話にも上手く相づちをしながら聞いてあげましょう。

タイミング

LINEは普通のメールよりもすぐに読めるし、相手にも既読が分かってしまうので、どのタイミングで開けて返信するのか悩むところです。いわゆる既読スルーが原因でケンカするカップルも多いので特に気をつけたいです。恋の駆け引きとしてよく聞くのが、たまに返信を遅らせることです。いまいちするタイミングわからない人は、夜に突然返信するのを辞めて、朝に「いつの間にか寝ちゃってた~」と可愛らしく送ってみましょう。

スタンプ

メールと違って気軽にスタンプを送ることができるのでとても便利です。ですので、文字だけでは伝わらないニュアンスもスタンプによって表せるので、年齢に関係なく積極的に使っていきたいところです。しかし、スタンプの乱用はしないで下さい。友達同士でさえたまにうっとうしくなってくる事もあるので、十分に気を付けましょう。相手も返信する内容に困ってしまいます。

返信が無いときに…

相手が既読になっていて返信が無いとき、あなたはどうしますか。すぐにまた自分から送ってしまうのか、それともひたすら待っておくのか。これはとても悩みどころだと思います。もし、相手は仕事が原因で返信が遅れていたら、何回も催促のようなメッセージが送られてきたら嫌になってしまいます。ですので、ある程度は待つようにしましょう。しかし、どれだけ待っても返信がなければ「お仕事お疲れ様。ゆっくりできる時間があればまたお話しましょうね」ぐらいにとどめておきましょう。

最後に

LINEはメールよりも便利なので気軽にできますが、その分いろいろと問題が発生します。間違えて送ってしまったり、既読スルーが原因で気持ちが冷めてしまったり。しかし、考え方によっては良くもなります。間違えてしまう内容にもよりますが、そこから会話が生まれたり、既読スルーで悩んでいたけど、相手から返信があって自分の気持ちが再確認できたりと考え方を変えましょう。そして、LINEをする上である程度は余裕を持って下さい。そのほうが気持ちは楽です。

こんな記事も読まれています




シェア