不慮の流産をしないためにやってはいけない5つのこと

2,959 views

妊娠してから、安定期に入るまでの期間には、できるだけ無理な行動は避けたいものです。

たいていの場合は普段どおりに動いても大丈夫だと思いますが、

まれに、ほんの少しのきっかけが、悲しい流産を引き起こすことも・・・。

妊娠中は、できるだけあわてず、ゆっくり、ゆったりと行動するよう心がけて!



重い物を持たない!

特に、いったんしゃがみこんでから重たい荷物などをよいしょっ!と持ち上げるのは
できるだけ避けるようにしましょう!
おなかに力を入れた瞬間、出血が始まってしまうこともあります。

重たい荷物を持ち上げなければいけない時は、旦那さまや、周りの人にお願いしてやってもらってくださいね✩

急いで走らない!

普段の生活の中で、ゆっくりと走ったり、短い距離を小走りしたりするのは
そんなに差し支えないかもしれません。
ですが、急にあわてて走りだすのは、子宮にとってあまりよくない行動です!

妊娠中は、あわてず落ち着いて行動!を原則として
あわてて走ることのないように、余裕をもって動きましょう。

なるべく自転車に乗らない!

意外にも、乗る時におなかに振動が伝わりやすいのが自転車です!

ごく近い距離を、ゆっくりと疲れない程度に乗るのはありですが、

重たい荷物を持って自転車に乗ったり、アップダウンのある長いコースを走ったり、
でこぼこ道をスピードを出して走るのは、振動もひどいし、また自転車ごと転ぶ原因にもなります。
そういう乗り方はやめて、できるだけゆっくり歩くのがおすすめです✩

暴飲暴食はしない!

なぜ暴飲暴食が流産に!? と不思議な気もしますが、

急に起こる激しい腹痛や嘔吐のせいで
突然出血が始まって、流産につながるケースも少なからずあるため、
妊娠中の暴飲暴食はおすすめできません。

また、暴飲暴食によって、体重の急激な増加が起きると、
妊娠中毒症にかかることもあるので、注意が必要です!

ストレスをためない!

体にストレスがかかると、血管が収縮して血の流れが悪くなります。
これが妊娠中に起きた場合、胎児への栄養がスムーズに運ばれなくなることもあります。

また、ストレスは、体内のプロラクチンを上昇させ、卵巣機能にも影響し、
妊娠維持に働く黄体ホルモンの分泌低下させるなど、流産の危険性を増やしがちです。

上手にストレスをコントロールして、穏やかでハッピーな妊娠生活を送るよう心がけましょう!

http://www.dr-aoki.com/

こんな記事も読まれています