先輩ママも買ったマタニティグッズ5選

1,285 views

初めての妊娠が発覚!どんな風にマタニティ生活を送ればいいのかと疑問におもいますよね。今回はそんな初めてのプレママのために、先輩ママたちがそろえたマタニティグッズをご紹介します。



まずはコレから。母子手帳ケース

妊娠がわかって、心拍を確認できたらいよいよもらえる母子手帳。最初のマタニティグッズとして、これをしまっておくケースを購入する方が多いようです。産前に入れておくのは母子手帳、ママの保険証や診察券など。人によっては病院でもらえるエコー写真も入れていたりします。母子手帳は妊娠中だけではなく産後も使う機会が多いもの。赤ちゃんが誕生してからは、母子手帳ケースの中に赤ちゃんの診察券や保険証、自治体からもらえる医療補助券などをまとめてしまっておけるスグレモノですので、妊娠中のうちから使える母子手帳ケースはぜひ用意してみましょう。デザインや機能、サイズもいろいろありますから、ご自身にあったものを探してみてくださいね。

からだ楽チン、マタニティブラ

次にご紹介するのはマタニティ用のブラジャー。産後まで使えるように授乳に便利な形になっています。個人差はありますが妊娠中はだんだん胸が大きくなってきますので、産前に使っていたブラジャーがきつくなってしまう人が多いようです。また、発達してくる乳腺を邪魔しないためにも優しい付け心地のマタニティブラがおススメ。つわりの時期にブラジャーのしめつけが原因で気持ち悪くなる方も多いので、妊娠初期からの使用がよいでしょう。ただ、産後にかけてどんどんサイズがかわっていく方もいますので、一度に大量に買わず、少しずつ買い足すとよいかもしれません。

おしゃれに必須、マタニティデニム

着られる服が少なくなってくる妊娠期。足元を冷やすのもよくありませんから、マタニティデニムを買っておくとよいでしょう。妊娠してまず入らなくなるのはボトムなので、早めに買っておけば妊娠前に持っていたトップスとあわせて着られますよ。

入院準備にも。マタニティパジャマ

また、マタニティパジャマもおススメのひとつ。おなかが苦しくなければメンズのスウェットなどでも十分代用できるので買わない方もいますが、入院準備品として持参を指定している病院も多いもの。ウエストの幅が調整できるものが多いので、妊娠初期から快適に使えます。普通のパジャマよりも楽チンですので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

大人気!骨盤ベルト

最後にご紹介するのは骨盤ベルト。妊娠中はホルモンの関係で骨盤が開く上、おなかが大きくなって身体の重心がかわるため、腰痛などのマイナートラブルが多発します。そんなおなかまわりを支えてくれるのが骨盤ベルト。また、産後に開いた骨盤を戻すためにも使えるおススメグッズです。病院でおススメの商品を取り扱っている場合もありますので、一度聞いてみるのもよいでしょう。

いかがでしたか?先輩ママがお世話になった便利グッズで、快適なマタニティライフをすごしてくださいね。